ケアンズ | クイーンズランド州北部

ケアンズ | クイーンズランド州北部

ケアンズとクイーンズランド州北部の記事一覧

VELTRA

基本情報は以下からどうぞ。

ケアンズ、クイーンズランド州北部の特徴

世界遺産の森と海が繋がるケープトリビュレーションオーストラリア国内第二の広大な面積を誇るクイーンズランド州。熱帯から砂漠まで多様な気候に属し、有名観光地もたくさんあります。人口は、北のケアンズあたりから州の最南部まで、東海岸沿いに集中しており、ケープヨークと呼ばれる最北端の岬と内陸部は、ほとんど未開の地が広がっています。

ケアンズは、クイーンズランド州の最北東部に位置し、熱帯雨林気候に属します。クイーンズランド州北部のこのあたりのエリアは、グレートバリアリーフへと続く海と熱帯雨林気候が育んだ太古からの熱帯雨林という、2つの世界遺産に挟まれた世界でも稀なロケーション。素晴らしい大自然が楽しめます! オーストラリア国内ではトロピカルな気候から、このあたりをファー・ノース(クイーンズランド)=Far North (Queensland)、またはトロピカル・ノースと呼びます。

※クイーンズランド州はオーストラリアの中でも2番目に面積が広く、観光地も多い州ですので、ここでは南北に二分割し、南はマッカイあたりから北をクイーンズランド州北部とします。

ケアンズの基本情報はこちら 

ケアンズ、クイーンズランド州北部の気候と服装

クイーンズランド北部でしか見られないキノボリカンガルー沿岸部は、北から南に熱帯雨林~熱帯~亜熱帯気候に属しますが、内陸部へ行くにつれ、徐々にサバンナ気候、砂漠気候へと変化します。熱帯からケアンズを含む熱帯雨林気候エリアは、ほぼ雨季と乾季の2つの季節に分かれます。 雨季は、南半球の夏に当る12月から3月くらいまで。

雨季といってもざーっと降って上 がってしまう感じの熱帯性スコールであることが多く、1日中雨ということはそれほど多くありません。ただ雨季には、日本の台風に当るサイクロンがやってくることもあるので要注意。この時期は天気予報のチェックをお忘れなく。

熱帯~熱帯雨林気候のエリアは、ほぼ常夏。冬場でも日中の平均気温は25℃以上と、一年中夏服でOK。ただし、冬場の日没後などは少々肌寒く感じることもあるので、軽めの上着を持参するのがおすすめです。

亜熱帯エリアでは、それほどはっきりとした雨季と乾季の分かれ目はありませんが、マッカイの南部あたりはモンスーン気候に属すため、夏場にときおり強い雨が降ることもあります。服装は、真冬の日没後等に軽めの上着が必要な程度で、日中はほぼ一年中半袖で過ごせるほど。

内陸部は砂漠気候ですので、冬でも太陽が出ていれば気温はかなり上がりますが、夏は40℃以上の高温になり、日没後にはグっと気温が下がりますのでご注意を。

クイーンズランド州北部の主な観光地

ハミルトン島

  • クックタウン
  • ケアンズ ※ケアンズ近郊の観光地は下にあります。
  • 世界遺産グレートバリアリーフ
  • ヒンチンブルック島(カードウェル沖)
  • タウンズビル(クイーンズランド州北部最大の街)
  • マグネティック島(タウンズビル沖)
  • エアリービーチ、シュートハーバー(ウィットサンデー諸島へのゲートウェイとなる町)
  • ハミルトン島(シュートハーバー沖)
  • マッカイ
  • ブランプトン島(マッカイ沖)

ケアンズ近郊の主な観光地

野鳥観察に最適なマリーバウェットランド

  • ノーザンビーチズ(ケアンズ北部に連なるビーチエリア)
  • ポートダグラス
  • モスマン渓谷
  • キュランダ
  • アサートン高原
  • マリーバウェットランド(湿原保護区)
  • デインツリー国立公園、ケープトリビュレーション
  • グレートバリアリーフ(以下の島々を含む)
  • グリーン島
  • フィッツロイ島
  • リザード島
  • ダンク島、ベダラ島(ミッションビーチ沖)
  • ヒンチンブルック島(カードウェル沖)

ケアンズ、クイーンズランド州北部へのアクセス

日本から最も近いオーストラリアの玄関口ケアンズが、クイーンズランド州北部のゲートウェイ。日本から直行便も運行されており、飛行時間は約7時間30分程度。ケアンズからは、タウンズビルやマッカイ、プロサーパイン(ウィットサンデー)、ハミルトン島などへの国内線、及び周辺の島々への定期路線もあります。

ケアンズ空港から市内へのアクセス

ケアンズ空港から市内へのアクセスについては、「ケアンズの交通」ページをご参照ください!

ケアンズからその他州内へ

美しい海岸線が連なるクイーンズランド州北部ケアンズからクイーンズランド州内の移動には、「グレイハウンド」社などが運行する長距離バスのほか、鉄道が利用できます。

ただ、鉄道路線はそれほど多くなく、一般的に利用できるのは、ケアンズから南へと続く沿岸路線とタウンズビル から西へ向かう内陸路線くらい。便数もかなり少ないため、旅行での移動にはあまりおすすめできません。ですが、トラベルトレインと呼ばれる郊外への観光列車が運行されていますので、それを目当てに旅するのもおすすめ! トラベルトレインについては「クイーンズランド州南部」のページを参照のこと。

※ケアンズからポートダグラスやケープトリビュレーションなどの北部方面、また、キュランダやアサートンなどの西部方面へのアクセス方法については、「ケアンズの交通」ページをご参照ください!

グレイハウンド・オーストラリア(英語)
▼クイーンズランド州鉄道 Queensland Rail(英語)

ケアンズ、クイーンズランド州北部への旅 おすすめシーズン

北部エリアならではの野鳥をウォッチング!ケアンズ及びクイーンズランド北部は、ほぼ常夏。ですが、やはり乾季の4月くらいから11月くらいまでが、旅行のベストシーズン! このエリアを雨季に旅行する場合は、雨具の用意も必携です。

とはいえ、上記にも書いたように、雨季だからといって1日中雨ということはそれほど多くありませんし、雨なりの楽しみ方もあるので、1年中OKと思ってもいいでしょう。

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
 
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。