オーストラリアの世界遺産

 
オーストラリアには、2011年6月に新たにもうひとつ自然遺産が加わり、現在、全部で19の世界遺産があります。

そのうちの半分以上に当る12が、美しい景観や貴重な生態系であると認められた「自然遺産」。
自然の中に文化的な要素を含んだ「複合遺産」が4。「文化遺産」は、2010年度登録分としてに新たに1つ増え3となっています。

全19の世界遺産のうち、そのほとんどを占める16が自然関連の遺産であることからも、“オーストラリアの雄大な自然は世界的に見ても貴重である” と言えます。

※現在19の世界遺産のうち、実際に旅行者が訪れることができるのは17。離島の2ヶ所については、政府の厳しい管理下にあり、訪問は現実的ではありません。

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯、しかも最大5000円分がもらえる最強カードは・・⇒

 

オーストラリアの世界遺産

オーストラリア世界遺産マップ(地図)

  1. ハード島とマクドナルド諸島 <自然遺産>
  2. マッコーリー島 <自然遺産>
  3. タスマニア原生地域 <複合遺産>
  4. オーストラリアの哺乳類化石地域 <自然遺産>
  5. ロードハウ諸島 <自然遺産>
  6. オーストラリア・ゴンドワナ多雨林 <自然遺産>
  7. ウィランドラ湖群地域 <複合遺産>
  8. 西オーストラリアのシャーク湾 <自然遺産>
  9. ウルル-カタジュタ国立公園 <複合遺産>
  10. カカドゥ国立公園 <複合遺産>
  11. フレーザー島 <自然遺産>
  12. クイーンズランドの湿潤熱帯地域 <自然遺産>
  13. グレートバリアリーフ <自然遺産>
  14. ブルーマウンテンズ地域 <自然遺産>
  15. パーヌルル国立公園 <自然遺産>
  16. ロイヤルエキジビションビル(王立博覧会ビル)とカールトン公園 <文化遺産>
  17. シドニー・オペラハウス <文化遺産>
  18. オーストラリア囚人遺跡群 <文化遺産>
  19. ニンガルーコースト <自然遺産>

注意)記載の情報/データは2015年3月時点のものです。初稿:2011年12月

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。