【オーストラリアの世界遺産】フレーザー島

 
ブリスベンの北約290kmにある海岸沿いの町ハービーベイ沖合にある世界最大の砂の島、フレーザーアイランド(フレーザー島)。

大きな島全体が“砂”でできてい るという、常識では考えられない島です。
その希少価値、脅威の大自然をたっぷりとご紹介します!

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯の最強カードは・・⇒

 

世界最大の砂の島

■世界遺産登録年:1992年
■登録カテゴリー:自然遺産(vii)(viii)(ix)

(vii)  類例を見ない自然美および美的要素をもつ優れた自然現象、あるいは地域を含むこと。
(viii) 生命進化の記録、地形形成において進行しつつある重要な地学的過程、あるいは重要な地質学的、自然地理学的特徴を含む、地球の歴史の主要な段階を代表とする顕著な例であること。
(ix)  陸上、淡水域、沿岸および海洋の生態系、動植物群集の進化や発展において、進行しつつある重要な生態学的・生物学的過程を代表する顕著な例であること。

 

総面積1840平方キロ!常識はずれの自然が広がる砂の島

常識では考えられない豊かな自然が広がるフレーザー島

フレーザー島の総面積1840平方キロ。大きな島全体が、砂でできていること自体が驚きなのですが、さらに驚きなのは、そこに当たり前のごとく広がっている豊かな自然です。

通常、砂でできた島には、植物などが大きく育つことは稀。というのも、大きな木は大地にしっかりと根を張らないと倒れてしまいますが、緩い砂地では支えるのが難しいものです。ところが、フレーザー島には、多種多様な直物が生い茂り、多雨林の森が広がっています。また、豊かな森にはたくさんの野生動物たちが棲息し、自然の調和がとれた貴重な場所になっています。その謎に包まれた島の成り立ちや自然生態系などについては、いまだに研究途上でもあるそうです。

 

最大の見どころ、神秘の湖「レイク・マッケンジー」

マッケンジー湖は信じられないほどの透明度!フレーザー島の真ん中あたりには、レイックマッケンジー(マッケンジー湖)と呼ばれる約80ヘクタールの大きな湖があります。そもそも、砂の島にはできるはずのない湖であるうえに、見た人が絶句する美しさ!

真っ青な湖と、周囲に広がる信じられないほど真っ白な砂浜… 言葉に表せないほど神秘的な青と白のコントラストに、感動を通り越して絶句してしまうほど。そこには、まるで絵画のような美しい光景が広がっています。

この湖の素晴らしさは、見た目だけではありません。マッケンジー湖の水質は、正真正銘のクリスタルクリアウォーター(水晶のように透明度の高い淡水)。天然のミネラルをいっぱい含んだナチュラルなミネラルウォーターなのです。

 

島を囲む豊かな海も動物たちの楽園

フレーザー島周辺は絶好のホエールウォッチング・スポット

フレーザー島周辺海域は、ザトウクジラが越冬するために訪れるホエールウォッチングのポイントとしても有名。毎年8月~10月頃までは、ホエールウォッチングにやって来る人々で賑わいます。それ以外の季節でも、イルカや海ガメなどの海洋生物と出遭えますよ!

島内には宿泊施設やキャンプ場があり、地球上、稀に見る自然の宝庫として、1年を通して世界中から多くの研究者や観光客が訪れています。

 

フレーザー島での宿泊

快適な滞在ができるキングフィッシャーベイ・リゾート

島内には、4ツ星で設備の整った「キングフィッシャーベイリゾート」があります。初めてフレーザー島に造られた本格的なリゾート施設ですが、ここの建設が終わった直後に、世界遺産に登録されたため、これ以降のリゾートの建設ができなくなりました。よって、キングフィッシャーベイ・リゾートがフレーザー島で、最初で最後の本格的なリゾートとなったとか。

この他には、ホリデーアパートメントやモーテル&バックパッカーズタイプのリゾート、キャンプ場などがあります。

フレーザー島周辺(フレーザーコースト地区)のホテル・宿泊施設予約
キングフィッシャーベイリゾート(日本語サイト)

 

フレーザー島への行き方

フレーザー島へは、対岸の町ハービーベイがゲートウェイ。ハービーベイへは、ブリスベンやシドニーなどのオーストラリア主要都市から国内線の直行便がでています。

最も手軽なのは、ブリスベンから1泊2日のツアーに参加すること。宿泊先タイプによって料金が変わりますので、自分にあったものを選んでください。
フレーザー島 1泊2日 宿泊パッケージ 世界遺産の島で自然と遊ぶ2日間!<ブリスベン発>

フレーザー島内で走行できるのは4WD車のみまた、ブリスベンからは、ハービーベイまで一日に2本程度の定期シャトルバスも運行されています。要予約ですので、利用する場合は、前もって計画されることをおすすめします。詳細はこちら。その他、ブリスベンからハービーベイまでは鉄道で行くこともできます。

また、サンシャイン・コーストまで行けば現地発着のツアーがたくさんあります。サンシャイン・コーストへは、ブリスベン空港からエアポート・シャトルバスがでていますので、サンシャイン・コーストに滞在するのもおすすめ。

また、ハービーベイより南のサンシャインコースト沿いの各ビーチエリアなどからも日帰りの4WDツアーも催行されています。

それ以外に、個人でレンタカーを借りて行くことも可能です。ただし、島全体が砂場のようにサラサラの砂で覆わ れているため、車は必ず4WDを借りること。

注意)記載の情報/データは2013年4月時点のものです。

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。