ケアンズ

ケアンズ市内中心部のエスプラネード

ケアンズ

オーストラリア大陸の最北東部に位置するケアンズ。日本から最も近いオーストラリアの玄関口です。ケープヨークと呼ばれるオーストラリア大陸上部右側の尖った角のような半島付け根にあり、あたり一帯はほぼ熱帯雨林に覆われています。街の周囲には、バナナやサトウキビの畑が広がり、なんとものどか。

しかも、世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフと太古の熱帯雨林という、2つの世界遺産に挟まれた、世界でも稀な絶好のロケーション! 日本との時差もわずか+1時間で、飛行時間もハワイやシンガポールとほとんど変わらない近さが魅力です。

街自体はさほど大きくなく、中心部は歩いて周れる程度の広さ。海に面した街ですが、ケアンズの中心部はワーフ(クルーズ船などが発着する港)のため、ビーチはありません。ですが街の北には美しいビーチが連なり、少し内陸へ足を延ばせば、熱帯雨林や高原、乾燥したサバンナ(サバナ)が広がっています。一度に海・山・森と様々なエリアが楽しめるのも、この街の魅力のひとつ。

また、熱帯雨林気候に属すため、オーストラリア国内では、このあたりをファー・ノース(クイーンズランド)=Far North (Queensland)、またはトロピカル・ノースと呼びます。

参考:ケアンズ情報アーカイブ

ケアンズの気候と服装

ケアンズのある北部エリアは、ほぼ常夏。ですが、熱帯雨林気候のため、主に雨季と乾季の2つの季節に分かれます。 雨季は、南半球の夏に当る12月から3月くらいまで。最も雨が多いのは1~3月。とはいえ、雨季といってもざーっと降って上 がってしまう感じの熱帯性スコールであることが多く、1日中雨ということはそれほど多くありません。

また、乾季に当る冬場でも日中の平均気温は25℃以上と、一年中夏服でOK。ただし、冬場の日没後などは少々肌寒く感じることもあるので、軽めの上着を持参するのがおすすめです。

ただ、雨季には、日本の台風に当るサイクロンがやってくることも。サイクロンが近づいたり、大量の雨が降ると、道路が寸断されてしまったり、川の増水や海が荒れることもあるため、ツアーなどの旅行に障害が出てしまうこともあるので注意が必要です。この時期は天気予報のチェックをお忘れなく。

ケアンズの年間平均気温一般的に冬と言われる期間は、クリーム色の月ですが、天候のことは
必ずしも例年通りということはありませんので、あくまでもご参考までに。

日本からケアンズへのアクセス

日本からケアンズへは直行便が運行されており、飛行時間は約7時間30分程度。成田発着は毎日、関空発着は(月)(水)(木)(金)(日)の週5便。現在運行しているのはジェットスター航空のみですが、日本航空、カンタス航空との3社共同運航となっています。

ジェットスター航空

※ケアンズ空港から市内中心部までの移動については、「ケアンズの交通」ページをご参照ください!

ケアンズへの旅 おすすめシーズン

ケアンズ及びクイーンズランド北部は、ほぼ常夏。ですが旅行するなら、やはり乾季の4月くらいから11月くらいまでが、ベストシーズン! 冬場は海水の温度も下がるため、プランクトン等の発生が減り、海の透明度が増す時期。なので冬から春にかけてが、グレートバリアリーフ観光にも超おすすめのシーズン。 ※グレートバリアリーフのおすすめシーズンについては、「グレートバリリーフ」ページもご参照ください!

また、雨季であっても、(上記にも書いたように)一日中雨ということはそれほど多くありませんし、最近の天候についてはなんとも言えません。もし雨が降ったとしても雨なりの楽しみ方もあるので、一年中OKと思っていいでしょう。とはいえ、雨季に旅行する場合は、念のため雨具の用意もお忘れなく。

ケアンズのおすすめホテル

以下で、ホテルのランクやカテゴリー別におすすめのホテルをご紹介しています。旅行計画のご参考に!

ケアンズのランク別おすすめホテル

※順次公開予定。

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。