ケアンズの交通

2016年7月更新:料金、乗り場変更など、最新情報に修正

 

ケアンズ空港から市内へのアクセス

ケアンズの町はそれほど大きくはなく、空港も市内中心部から車で約10分程度。到着便に合わせてエアポート・シャトルバスがあります。また、空港から中心部までそれほど離れていないため、一番手軽な移動手段はタクシーです。タクシーは市内中心部までA$25前後。2名以上ならタクシーがおすすめ。

エアポート・シャトルバスを利用する場合は、到着ロビーにカウンターがありますので、その場でチケットを購入すればOK。2016年7月現在、大人1名15豪ドルです。また、長期滞在向けのバックパッカーズなどでは、無料で送迎してくれるところもありますので事前に確認を。

▼エアポート・シャトルバス SUN PALM TRANSPORT(英語)
ケアンズ空港(英語)

 

ケアンズ市内の交通

ケアンズの公共交通機関はバス1社のみ。路線はたくさんあり、ほとんどのエリアを網羅していますが、便数はそれほど多くありません。平日でも30分~1時 間おきに1本程度。とはいえ、中心部は歩けるくらいの大きさの町ですので、町を観光する程度ならさほど不便は感じないはず。それ以外はタクシーまたは、レンタカー利用となります。

ノーザンビーチズと呼ばれるケアンズ北部のビーチへも、同じ会社のバスが出ています。ヨーキーズ・ノブやトリニティ・ビーチあたりまでは、約30分程度。 さらに北のパームコーブまでは快速(路線番号にXがつくバス)で約45分程度です。ですが、便数が少ないのでタクシーのほうが便利。タクシーで出掛けた場合、帰りはタクシーが拾いにくいので、ホテルやレストランなどで呼んでもらうといいでしょう。

エリア内は公共の交通機関が少なく、車がないと少々不便ですが、主要幹線道路は整備されていますし、交通量はそれほど多くないのでレンタカーにチャレンジしてみるのもおすすめですよ!

海外主要レンタカーブランドを一括 検索

 

ケアンズでバスに乗る!

バスのターミナルは、中心部のレイク・ストリートにある“シティ・プレイス”。ほとんどの路線はここが基点となります。乗り方は、前乗り・後降りで、乗車時にドライバーに行き先を告げ、料金を支払えばOK。同じ路線を往復する場合は、行き先を告げた後に「リターン(往復)・プリーズ」と言えば、往復チケットを購入することも可能。

また、ケアンズならでは(?)のバスの乗り方として、バス停でないところでも手を挙げれば停まってくれることも…。1人旅などで 時間に余裕がある時は、バス移動も楽しいですよ!

利用前にサン・バス社のオフィスか下記公式サイトで、路線図や時刻表を入手しておくと便利です。

SUNBUS(英語)
ケアンズのバス路線図(英語)※PDF

 

ケアンズからポートダグラスやケープトリビュレーション方面へ

ポートダグラスやケープトリビュレーションなどの北部方面へは、パームコーブなどを経由して北へ向かうバス「サン・パーム・トランスポート」があります。ポートダグラスへのバスは、市内中心部から1日に6本程度、空港からは主な国際線到着便に合わせて運行。ま た、さらに北のケープトリビュレーションへは、ケアンズ発着となり往路が1日に2本、復路は1日3本となっています。

SUN PALM TRANSPORT北部方面時刻表(英語)

 

ケアンズからキュランダ、アサートン方面へ

キュランダやアサートンなどの西部方面へは、ツアーを利用することが多いと思いますが、「トランスノース・バス&コーチ」社のバスで行くこともできます。平日は3本、週末は2本の運行で、キュランダまで約45分。ケアンズ中心部の乗り場は、ケアンズ駅に隣接した「ケアンズ・セントラル・ショッピング・センター」のバス停です。

また、ツアーに組み込まれているキュランダ鉄道やスカイレールも利用できます。この2つについては、下も参照のこと。

TRANS NORTH BUS & COACH(英語)

 

キュランダ鉄道

ツアーでしか利用できないと思っている人も多いかと思いますが、ケアンズからキュランダまでの交通手段としても利用できます。もちろん片道もOK。ケアンズ~キュランダ間は、約1時間30分、運賃は2016年7月現在、ヘリテージクラス(普通席)の大人片道A$50、往復A$76。お得な家族用チケットもあります。

2016年7月現在のスケジュールは以下の通り。

ケアンズ発 8:30、9:30
キュランダ発 2:00、3:30

キュランダ鉄道(英語)

キュランダ鉄道とスカイレールを組み合わせたホテル送迎付きのツアーもあります。

 

スカイレール

スカイレールもキュランダ鉄道同様、片道だけの利用ができます。ただ、スカイレールはケアンズ中心部発着ではなく、郊外のカラボニカに駅がありますので、タクシーやバスで移動する必要があります。ですが、時間を気にすることなく乗り降りでき、途中駅で下車して熱帯雨林散策を満喫することができます。

途中のバロンフォールズ駅で下車すれば、バロン滝展望台へ行くことができる上、熱帯雨林情報センターもあります。また、レッドピーク駅には、ボードウォークが作られており、熱帯雨林ウォークが楽しめます。タイミングがよければ、ネイチャーガイドによる無料ガイドウォークに参加することもできてお得!

キュランダ鉄道とスカイレールは、片道ずつ利用できるツアーもありますので、行きにキュランダ鉄道、帰りにスカイレールを使って戻ることも可能。もちろん、その逆も可能ですが、このパターンだと帰りのスカイレールから海とケアンズの街を一望する絶景が楽しめておすすめです。

スカイレール(英語)

キュランダ鉄道とスカイレールを組み合わせたホテル送迎付きのツアーはこちらから予約できます。

注意)記載の情報/データは2015年1月時点のものです。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。