【オーストラリアの世界遺産】パーヌルル国立公園 ~地球最後の秘境 バングルバングル

 
横縞が無数に入ったビーハイブ=蜜蜂の巣と呼ばれるドーム状の岩山が連なるバングルバングル山脈。パーヌルル国立公園のバングルバングル山脈は、他のどこにも見られないユニークな景観を誇っています。

2003年に世界遺産に登録された、「地球最後の秘境」とも呼ばれるこの地球上唯一無二の絶景をご紹介します!

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯、しかも最大5000円分がもらえる最強カードは・・⇒

 

地球最後の秘境とは?

巨大な岩の裂け目にできたカセドラル峡谷太古の昔からこの地に定住していたアボリジニの人々によって名づけられた「パーヌルル」。その言葉の意味は「砂岩」なのだそうです。

「バングルバングル」という不思議な呼び名は、どこから来たのか定かではありません。アボリジニの言葉が訛ったものとも、地元のアボリジニに案内してもらった西洋人が聞き間違え、スペルをミスしたもの、とも言われています。

ちなみに、国立公園内の「バングルバングル・レンジ=バングルバングル山脈」という呼称は、国立公園に指定される以前から既に「バングルバングル」の名を使っていた近くのキャトル・ステーション(広大な放牧農場)からとったものだそうです。

国立公園内のそこかしこには、壁画やロックカービングなど、2万年以上も前からのアボリジニ文化が息づいており、この地には太古の昔から豊かな文化が息づいていたことを教えてくれます。

しかし、こうして一般に知られるようになったのは、わずか32年ほど前からのこと。1982年に初めて西洋人がこの地に入り、公に知れ渡ることとなったことから、『地球最後の秘境』と言われています。

 

世界遺産・パーヌルル国立公園

バングルバングル上空をヘリで遊覧

■総面積: 239,723ヘクタール
■登録年:2003年
■登録カテゴリー:自然遺産 (vii)(viii)

(vii)最上級の自然現象、又は、類まれな自然美・美的価値を有する地域を包含する。
(viii) 生命進化の記録や、地形形成における重要な進行中の地質学的過程、あるいは重要な地形学的又は自然地理学的特徴といった、地球の歴史の主要な段階を代表する顕著な見本である。

ビーハイブ=蜜蜂の巣と呼ばれるドーム状の岩山が連なるバングルバングル山脈パーヌルル国立公園は、約3億5千万年前に土砂が堆積して砂岩となり、地殻変動によって成長した結果生まれたバングル・バングル山脈が最大の見どころ。ドーム様の形状は、2千万年以上もの歳月をかけて、侵食を繰り返しながら出来上がったと言われています。

独特な横縞模様は、微生物によって変色した黒い粘土層と鉄分を多く含んだオレンジ色の固い砂岩層が交互に折り重なってできたもの。こんなにも規則正しく交互に堆積していくとは…と、自然の偶然に驚愕するばかりです。

 

国立公園内唯一のエコロッジ ~バングルバングル・ウィルダネス・ロッジ

自然に溶け込むバングルバングル・ウィルダネス・ロッジ自然に無理なく溶け込むように配置された素朴なテント・キャビンが並ぶ、大自然融合型のネイチャー・ロッジです。

テントといえどもシャワーとトイレが完備され、不便さはまったく感じません。テント内のベッドに横たわると、鳥や虫の声など自然の音がそのまま直に伝わってくるのが、何よりの贅沢。遥か向こうに見える山脈がシルエットになって目に映る頃、皆でキャンプファイヤーを囲んでのディナータイムが待っています。

遠くで響き渡るディンゴの遠吠え、さわさわと揺れる木々の音――。

大自然に包まれた夜は、何にも代え難い究極のリラックスと心地よい眠りを約束してくれます。

バングルバングル・ウィルダネス・ロッジ Bungle Bungle Wilderness Lodge
※日本語予約可。4~10月までの乾季のみオープン。

 

パーヌルル国立公園の見どころ

バングルバングルの谷間をウォーキング

見どころはなんといっても、ビーハイブ=蜜蜂の巣と呼ばれるドーム状の岩山が連なるバングルバングル山脈。この山脈の谷間でのウォーキングやヘリコプターによる上空遊覧ができます。

上記でご紹介したバングルバングル・ウィルダネス・ロッジでは、ガイド付きのウォーキングツアーがありますので、そちらに参加されるのがおすすめ。ヘリコプター遊覧などの申し込みも可能です。

 

パーヌルル国立公園への行き方

カナナラ発着のアリゲーター・エアウェイズ西オーストラリア州北東部キンバリー地区の町カナナラの南西約250km、パースの北東約2,054 km。カナナラから、小型セスナ機または4WD車利用による陸路で。基点となるカナナラへは、ダーウィンまたはパースから定期便があります。

小型セスナ機による上空からのアクセスが一般的ですが、陸路の場合、カナナラから約4~5時間。ただし、途中までは舗装路ですが、残りの約55kmはかなりのラフロード=悪路なので、アウトバック走行の経験豊かなドライバーで、かつ車高の高い4WD車でないとアクセスは不可能です。セスナ機、もしくは大型4WD車を利用したツアーに参加するのがおすすめ。

注意)記載の情報/データは2014年1月時点のものです。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。