オパールになった恐竜 ~南オーストラリアで発見されたエリック

 
オーストラリア大陸は、地球上で最も古い大陸のひとつ。その、何億年とかけて硬くなった地層で、様々な鉱物が眠っています。

ご存じのように石炭やウランなどの資源のほか、オパールやダイヤモンドなどの宝石として珍重される鉱物も世界有数の産出国となっています。そして、この大陸の周辺に生息していた恐竜たちの化石も数多く出土しています。そう、オーストラリアは、世界有数の宝石と化石産出国でもあるのです!

中でもオパールは世界最大の産出国。そんなオーストラリアならではともいえる大発見が……

 

世界の95%を占めるオーストラリア産オパール

世界の95%を占めるオーストラリア産オパール

オーストラリアでは、ダイヤモンド、サファイア、エメラルドといった宝石も産出されていますが、中でも産出量が多いのはオパール。なんと、世界市場の約95%が、オーストラリア産です。

また、オパールの中でも、長い年月が必要とされる希少価値の高いブラック・オパールは、そのほとんどが、オーストラリアの中でもニューサウスウェールズ州北部のライトニングリッジ産であることで、世界的にも知られています。

そんな、オパールの世界最大産出地であるオーストラリアならではともいえる出来事がありました。

1987年のある日、オーストラリア最大のオパール産出地・南オーストラリア州のクーバーペディで、オパール化した恐竜の化石がほぼ完全な姿で発見されたのです!

 

世紀の発見!オパール化した恐竜の化石、発掘物語

オパール化し始めている恐竜の爪の化石クーバーペディでオパール採掘夫をしていたジョーは、自らが振るうツルハシの先にいつもとは違う感触を受けたといいます。掘り進めていくうちに、生物の骨のようなものだとわかってきました。

「これは何かの動物の化石に違いない」

ジョーは掘り進めていくうちに、骨の一部がオパール化していることを確認。「これはすごい発見になるかもしれない!」 と相棒の採掘者とたった2人で極秘に堀り続けました。しかし、専門的な手法が必要とされる化石の発掘は、そう簡単なものではありませんでした。

ジョーたちは、頭蓋骨の部分を破損したり、一部の骨を失ってしまったりしたため、結局、全体の発掘は、専門家の腕に託されることになったのです。

発掘が進み、化石の全体像が地表に現れた時、その場に居合わせた人たちは皆、感嘆の溜息を漏らしたと言います。

1億1000万年前の地層から出土したその化石は、骨の一部がオパール化した状態で、ほぼ完全な形で残っていた白亜紀に生息していたとされるプリオサウルスだったのです!

注意)プリオサウルスには、首長竜と首の短いものがいたそうで、ここで発見されたのは、首の短いタイプ。厳密には恐竜=Dinosaursというより、海洋性爬虫類=Marine Reptilesという部類に分類されるようです。

 

ほぼ完全な形で出土したオパール化した恐竜・エリック

ほぼ完ぺきな姿で発掘されたエリック

オパール化して青く輝くプレシオサウルスの歯の化石このプリオサウルス化石は、『エリック』と名付けられ、世界的に知れ渡ることになりました。骨の一部がオパール化しているため、その価値は何倍にも膨れ上がり、世界中の富豪らが競って手に入れようとしました。

しかし、1993年、オーストラリア国内で、「Save Eric! 我々の貴重な財産を守ろう!」という国外流出反対運動が起こり、寄付を集めて買い取ることで、国内に留められることになったそうです。

エリックは、数年前までシドニー市内のオパール専門店に展示されていましたが、現在は、シドニーにある『国立オーストラリア博物館(ナショナル・オーストラリアン・ミュージアム)』に展示されています。

国立オーストラリア博物館 Australian Museum -エリックの説明ページはこちら

 

発掘された頚骨のほぼすべてがオパール化した『カクル』

 ほとんどオパール化した恐竜の骨の化石

エリックは、ほぼ完全な姿で発掘されたため、世界的に有名になりましたが、これ以外にも、オーストラリアでは、オパール化した恐竜の化石がたくさん出土しています。

最も有名なのは、頚骨がほぼ完全にオパール化した『カクル』。発掘されたのは頚骨だけですが、骨のほぼすべてがオパール化していたことで、アボリジニの伝説に登場する「虹のヘビ=カクル Kakuru」と名付けられました。

カクルは、全長推定2m前後の、こんな感じの小型の肉食恐竜だったとされています。

こちらは、長い間個人所有になっていましたが、2004年、発見された南オーストラリア州の州都アデレードにある『南オーストラリア州立博物館(サウス・オーストラリアン・ミュージアム)』によって買い取られました。詳細はwikiで。

南オーストラリア州立博物館 South Australian Museum

冒頭でも触れたように、オパール化しているいないに関わらず、オーストラリアでは恐竜の化石がたくさん出土しています。どちらかというと、海に生息した首長竜などが多いのですが、『恐竜トレイル』なる地域もあるほど。また、太古の大型哺乳類の化石が数多く出土することでも知られ、重要な場所は世界遺産にもなってます。

次の休暇は、古代ロマンあふれるオーストラリアで、太古の地球に想いを馳せる旅はいかがですか?

注意)記載の情報/データは2014年5月時点のものです。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。