日本とオーストラリアの時差

 

日本とオーストラリアの時差

オーストラリアと日本との時差は、訪問するエリアによって異なりますが30分~1時間程度。長距離移動による時差ボケもほとんどなく、到着日から有効利用できることも、旅先としての魅力のひとつです。

とはいえ、オーストラリアは国土が東西に広いため、3つの時間帯を採用しているので、訪れる場所によって日本との時差も違ってきますし、国内でも時差が生じます。

また、夏場は州により夏時間を採用しているところがありますので、注意が必要です。

 

オーストラリアの3つの時間帯と夏時間

オーストラリアの3つの時間帯に属する州と夏時間実施状況について、時間帯エリア別にまとめました。

夏時間の実施期間は、一般的に10月の第一日曜日午前2時から翌4月の第一日曜日の午前2時まで。ただし、タスマニア州などでは独自で早めに実施することもあります。期間中は時計を1時間進めることになりますので、日本との時差が+1時間のところでは+2時間となります。

※夏時間を実施している州には★印がついています。また、夏時間=サマータイムは、デーライト・セービング・タイム/Daylight Saving Time と言います。

 

icon-clock-o 東部標準時間(EST): 日本時間+1時間

  • ニューサウスウェールズ州 ★-シドニーなど
  • クイーンズランド州-ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズなど
  • ビクトリア州★-メルボルンなど
  • タスマニア州★-ホバート、ロンセストンなど
  • キャンベラ首都特別区★

icon-clock-o 中部標準時間(EST): 日本時間+30分

  • 南オーストラリア州★-アデレードなど
  • ノーザンテリトリー-ダーウィン、ウルルなど

icon-clock-o 西部標準時間(WST): 日本時間-1時間

  • 西オーストラリア州-パースなど

注意)記載の事項は2010年7月時点のものです。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。