Day 4 ビクトリア州の秘境、夕暮れに染まるピンク・レイクへ -シドニー~ダーウィン21日間 7千キロ

 
2015年5月27日から21日間かけて、キャンピングカーで陸路を辿り、冬到来のシドニーから熱帯のダーウィンを目指したオーストラリア縦断の旅の記録です。
シドニー~ダーウィンーストラリア縦断の旅 アーカイブ

 

第4日目: 5月30日 ムンゴ国立公園からマレー・サンセット国立公園

◎本日の走行距離=319km

今朝は、朝ごはんも食べずに出発する。というのも、再び未舗装の道を100km近くいかなければならないからだ。そういえば、昨日の午後、トイレ休憩を兼ねて、ムンゴ国立公園のインフォメーション兼展示館に寄ってみたところ、以前訪れた時とは打って変わって新しくなり、音響設備なども整っていて驚いた。電気も来ていないこんな僻地に、これだけの設備を作るのは大変なことだ。観光地としてポピュラーになり、訪問者も増えたのだろう。

音響設備も整って、新しくきれいになったムンゴ国立公園の展示室音響設備も整って、新しくきれいになったムンゴ国立公園の展示室

けれども、ガイド同行でなければウォール・オブ・チャイナに近づけなくなってしまったのは、魅力半減といったところ。また来たいか?と聞かれたら2つ返事とはいかない感じ… それよりももっと残念だったのは、古代にこの辺りに生息していたという巨大なウォンバットの親戚「ディプロトドン」の模型がブザイクになっていたことかも(笑)

以前はかわいいぬいぐるみだったのに、ブサイクなプラ模型になっていたディプロトドン以前はかわいいぬいぐるみだったのに、ブサイクなプラ模型になっていたディプロトドン

ちなみに、このムンゴ国立公園一帯は、「ウィランドラ湖群地域」という世界遺産に指定されていて、名称が“湖群”となっているばかりか、Google Mapの地図上でもたくさんの湖が表示されているが、実際には、湖はほぼひとつもない。あったのは古代の大昔のことで、現在はほとんどすべて干上がっている。相当な大雨が降らない限り、水は一滴もない。

たくさんの湖が表示されたGoogle Mapたくさんの湖が表示されたGoogle Map

さて今日は、ニュー・サウス・ウェールズ(NSW)州からビクトリア(VIC)州へと州境を超える。ムンゴ国立公園は、ニュー・サウス・ウェールズ州にあるが、一番近い町らしい町は、昨日入ってきたNSW州側のバルナラルドか、VIC州側のミルドゥラとなる。人口はミルドゥラのほうが圧倒的に多く、また、メルボルンからもアクセスがしやすい。ビクトリア州は、オーストラリア大陸の中では一番小さな州ということもあり、主要幹線道路を中心とした道路整備が割としっかりしている。

朝5時半に起床して、寝床もそのままに、荷物が落ちないように布団の上に放り投げて出発!キャンプ場を出ると、また、ガタガタの悪路が待っていた。。砂地が多いため、大雨が降ってぬかるんだところへ溝の深いタイヤを掃いた4WD車が走行すると、轍(わだち)ができ、それが乾くと、そのまま深い溝が刻まれた凸凹の道となってしまうのだ。そんな轍がいくつもできているため、路面は洗濯板のように波打っていた。ガタガタというよりは、もっと小刻みにビリビリとしびれるような振動が、路面から絶え間なく伝わってくる。

再び未舗装の悪路を進む!再び未舗装の悪路を進む!

平均走行速度は、時速35~40kmくらいか。なかなか前に進まない。それどころか、途中な~~~んにもない!!もちろんトイレだってないから、途中で催したら大自然のトイレだ(笑)

小一時間走って、いよいよお尻の感覚が麻痺し始めた頃、目の前に2つの黒い影が飛び出した!カンガルーの親子が車の前を横切ったのだ。急ブレーキをかけると後輪がスリップし、車全体がお尻を振ってゆらゆらと小刻みに揺れる。時速は10kmくらいにまで落ち、カンガルーはそのまま走り去って、草むらの中からこちらを見ている。カンガルーを横目で見ながら、徐々に加速。轢かなくてよかった~ そして何より、事故らなくて本当によかった。こんな携帯電話も使えないようなところで事故ったら、当分助けに来てもらえない。

車の目の前を横切って、草むらに逃げ込んだカンガルーの親子車の目の前を横切って、草むらに逃げ込んだカンガルーの親子

早朝の時間帯は、こんな風に野生動物の飛び出しが多いため、慎重に運転しなければならない。舗装路に到達するまであと少し。がんばっていこーーーーっ!

キャンプ場を出発して3時間が経とうという頃、突然、舗装路が現れた。地図上で確認していたより、5~6kmほど手前の地点のようだ。よかった~~!!舗装路に出ればこっちのもの。ミルドゥラの町まで後少し。快調にキャンパーを走らせる。そういえば、この先の川を超えたらもうVIC州だった。なんの州境ポイントもなくて、ちょっとつまらない…

ミルドゥラでランチをとろうと計画していたが、町までたどり着く前にお腹の虫がぎゅーぎゅーと騒ぎ出して、途中のトイレ休憩でチョコ・デーニッシュとバナナをむしゃむしゃと食べてしまった。そういえば朝ごはんを食べてなかった、、ええい、こうなったらコーヒーも飲んでやる! お腹が満足したところで、再び車を走らせ、しばらく走るとミルドゥラの町に到着。大きなスーパーマーケットやシドニーにもよくあるチェーン展開の小売店などが立ち並んでいる様子から、ミルドゥラの町の大きさがよくわかる。とりあえず、この先3~4日分の食料を仕入れて、今日の目的地、マレー・サンセット国立公園を目指す。

マレー・サンセット国立公園は、私がビクトリア州政府観光局の日本語サイトに関わった時から、一度は行ってみたいと思っていたところ。バードウォッチングのメッカだそうだが、一番の見どころはピンク色の塩湖だ。高濃度の塩水で満たされた湖は、バクテリアの働きでピンク色にみえるという。湖はいくつかあるのだが、ほとんどは4WD車でのみアクセス可と規制されており、一番手前の湖のみ、2WD車で行くことができる。

午後3時過ぎ、ミルドゥラから160kmくらい走ったところで、ようやく、マレー・サンセット国立公園へと続く道の入り口にたどり着いた。が、国立公園へと続く道は、また未舗装路!!お尻のしびれもようやくマシになってきたのに、またか…orz

かといって、ここまで来たのに引き返すのはしゃくだから行くでしょう、当然。幸い、今回の未舗装路部分は10km程度らしい。再び速度を落として、凸凹道を進む。またしても、ビリビリという微振動が路面から伝わってくるけれど、この道のほうが、若干路面がなめらかで振動が弱いみたいだ。未舗装路に入ってからちょうど10km程度のところで、マレー・サンセット国立公園の看板が出現。湖が一望できるポイントまで移動する。

日没まであと2時間ほどとなり、湖の周りを散策しながら、撮影ポイントを探す。いよいよあと30分ほどで日没という時間になった頃、西の空に雲が張りだして太陽を隠してしまった。また、昨日みたいにサンセット撃沈か?と思ったけれど、まあまあの夕暮れシーンに遭遇できて満足、満足♪ これが見たかったんだよーっ!

どっぷりと日が暮れて、辺りが暗く始めた頃、再び来た道を戻る。今日の宿泊地は、未舗装路が終わったところにある幹線道路沿いの小さな町。そういえば、お店もなかったから、ミルドゥラで買い物してきてよかった。さもなくば、食いっぱぐれるとこであった。゜(゜´Д`゜)゜。

マリー・サンセット国立公園近くの小さな町で一泊(翌朝撮影)

余談だけど、実はこの本日通ってきた辺りは、数年前にApple iPhone搭載の地図を頼りに車を走らせていたところ、このマレー・サンセット国立公園に入ってしまい、遭難しかけて救助されたという事件が多発し、ビクトリア州警察が Apple製品搭載の地図を使わないようお達しをだした、といういわくつきの場所なのだった。その事件を紹介した記事はこちら。 かといって、今でもGoogle Mapもあてにならないので、このルートを旅する時は要注意。

また、日本語では「ムンゴ国立公園」および「マレー・サンセット国立公園」と記載されていることが多いのでそちらに統一しましたが、現地の発音では、それぞれ「マンゴ」、「マリー・サンセット」のほうが近いです。

5日目へ続く

◎第4日目:ムンゴ国立公園からマレー・サンセット国立公園まで、319km走破。今日までの積算距離:1,360km
<ツイートまとめ> オーストラリア縦断7,000キロ!シドニー~ダーウィン21日間ライブ(4日目)
 

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。