Day 5 オーストラリア最古のドイツ村、ハーンドルフ -シドニー~ダーウィン21日間 7千キロ

 
2015年5月27日から21日間かけて、キャンピングカーで陸路を辿り、冬到来のシドニーから熱帯のダーウィンを目指したオーストラリア縦断の旅の記録です。
シドニー~ダーウィンーストラリア縦断の旅 アーカイブ

 

第5日目: 5月31日 マリー・サンセット国立公園からアデレード郊外まで

◎本日の走行距離=376km

日の出前に起床。まだ暗いうちに再びマリー・サンセット国立公園を目指す。そう、もちろん、日の出を見るためだ。しかし、残念ながら雲が多く、よい画は撮れず…

空一面が雲に覆われて朝日を拝めなかったピンク・レイク空一面が雲に覆われて朝日を拝めなかったピンク・レイク

早々に撮影を撤収し、昨夜泊まった場所まで移動。今朝は、朝食で野菜と果物をできる限り食べてしまわなければならない。というのも、これからビクトリア(VIC)州から南オーストラリア(SA)州へ入るため、州境で検疫検査の検問があるからだ。

オーストラリア最大のワイン産地である南オーストラリア州は、ワイン産業を保護するために、他州からの野菜と果物の持ち込みを制限している。とりわけ、一大農業地帯として発展してきたビクトリア州は、農産物にダメージを与えるショウジョウバエの大発生に頭を抱えている。よって、ビクトリア州からそれらを持ち込む危険性のある野菜と果物は尚更、持ち込めないルールになっているのだ。違反したらもちろん罰金!

必死で野菜と果物を食べたけれど、すべて食べきれず、シドニーから持ってきた梨とアボカド1個づつ、小ネギ2本、ロケット(ルッコラ)の葉(←冷蔵庫の奥に挟まってて忘れてた)、レモン半分を検疫所で差し出すはめになってしまった…。゜(゜´Д`゜)゜。

検疫官に差し出した果物と野菜に未練を残しつつ(嘘)、無事州境を超え、南オーストラリア州へ。田園風景の中をしばらく走り、給油した後に、オーストラリア国内で最も古いドイツ人移民村「ハーンドルフ」へと向かう。

生憎の雨模様だけど、気になっていたカフェでランチ。ハーンドルフは、町並みが入植当時のまま残っていて、まるでヨーロッパのようだ。食後、雨が止んだのでメイン通りを散策して、本日の宿泊地へと向かうことに。途中で、ドイツ製法のクラフトビール工場のパブにも立ち寄ってみたが、日曜日ということもあってか満席!さすが、ドイツ移民の流れを汲む人たちが暮らす町だ。

今晩の宿泊地は、アデレード郊外のカドル・クリークというところで、アデレード中心部から約30kmほどのところにある。タバーン(食堂)にキャラバンパークが併設されているというので、今晩の夕食はそこで食べようと企んでいる(笑)

ワインディングロードをくねくねと走り、谷間にぽつんと佇むタバーンを発見!アデレードからそれほど遠くないのに、想像以上に“カントリーサイド”というイメージのところだった。

タバーンでチェックインを済ませて、ランドリーで洗濯。雨は相変わらず、降ったりやんだりしているので、乾燥機を使うしかない。それにしても、谷間という立地のせいか、やけに寒い。気温は13℃くらいか…?ここで初めて、シドニーからキャンパーに積み込んできた小型電気ヒーターを稼働!瞬く間にキャンパーの中は快適な温度まで上昇した。\(^o^)/

洗濯を終えると午後6時半を回り、辺りはすっかり暗くなっていた。でも今日は、タバーンで夕食を食べる予定なので、夕食の支度をしなくていいから楽チ~ン!と、意気揚々とタバーンに出掛けて愕然、、、

「今日はお客さん少ないし、予約もないからキッチン閉めちゃった。ごめん!」って・・・( ̄◇ ̄;)
さすがオーストラリア、営業時間はその時次第であってないようなものなのだ(笑)

そんなわけで、タバーンでの夕食は叶わず、再びキャンパーに戻って、レンジでチンできる非常用のカレーを食べたのだった。悲しーーーーっ!(T ^ T)

6日目に続く

◎第5日目:マリー・サンセット国立公園からアデレード郊外まで、376km走破。今日までの積算距離:1,736km
<ツイートまとめ> オーストラリア縦断7,000キロ!シドニー~ダーウィン21日間ライブ(5日目)
 

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。