オーストラリアの通貨と両替、クレジットカード事情

 
2016年7月更新:為替レートなど修正

 

オーストラリアのお金=オーストラリアドル

オーストラリアの通貨は、オーストラリアドル。日本語表記では、豪ドルと記載されることもあります。硬貨は、5、10、20、50セント、1、2ドルの6種。紙幣は、5、10、20、50、 100ドルの5種。

両替レートは、2016年7月現在、A$1=80円前後。また、現地での両替レートは、A$1=80~85円前後。ちなみに、成田空港のGPAでは、A$1=87~90円前後になっているようです。(2016年7月14日確認)

日本円からオーストラリアドルへ、現在のレートでの変換は、下の両替計算機で計算できます。
(注意)その時の為替レートであり、両替レートではありません。

 

両替のヒント

日本の空港で両替する、という人も多いかと思いますが、レートは現地のほうがいい場合がほとんど。どうしても心配なら、日本の空港ではとりあえず小額を両替し、 到着空港で換金するのがベストな方法です。空港の両替所は、街中の銀行などに比べ、多少レートが悪いこともありますので、一度に多額の両替はせず、必要に応じて市内の銀行や両替所で両替を。

また、オーストラリアの主要空港には、到着ロビー、または、ゲートを出たところにATMがありますので、クレジットカードでのキャッシングも可能です。

 

クレジットカードとトラベラーズチェック

オーストラリアでは、デパートやスーパーマーケットはもちろん、郵便局なども含め、ほぼどこでもクレジットカードが使えます。

個人商店などでは、あまりに小額の場合は現金でというところもありますが、使用できるところでは、できる限りカード払いにするのがおすすめです。

いちいち両替する手間が省ける上、多額の現金を持ち歩くより安全。そして、細かいことではありますが、下記の「ミニ知識」のようなメリットもあります。

また、トラベラーズチェックは主要観光地では使えますが、地方では使えなかったり、換金できないこともあるようなので注意が必要です。

 

オーストラリアのお金に関するミニ知識

お札は普通、紙でできていますよね。ですが、オーストラリアでは、なんとビニール製。

正確にはポリマーという合成樹脂製なのですが、水に濡れても破れない優れもの。ビーチで遊ぶ時も便利ですし、洗濯機でガラガラ洗ってもへっちゃらです♪

また、オーストラリアには上記の通り、5セントコインからしかありません。

なので、5セント以下のお釣りはでません!

ほとんどの場合は、四捨五入。98セントのものを買ったら1ドルに、93セントのものを買ったら90セントになってしまったりするのでご注意を。(笑)

ただし、クレジットカードの場合は、大抵そのままの額で請求されます。

注意)記載の情報/データは2016年7月時点のものです。初稿:2010年7月

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。