これで完璧!オーストラリア国内の交通 ~国内線飛行機編

 
オーストラリアの主な都市間の移動手段として最も利用頻度の高い国内線飛行機についてまとめました!

地方都市へ就航しているローカル路線を利用する際の注意点は必読ですよ。

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯の最強カードは・・⇒

 

オーストラリアの国内線飛行機

国土面積が日本の20倍という広い大陸・オーストラリア。主要都市間の距離は近くても1,000 km以上がほとんどのため、最もポピュラーな移動手段は飛行機となります。

 

主要都市間路線を運航する航空会社

国を代表するフラッグ・キャリアであるカンタス航空をはじめ、以下のような航空会社が主要都市間の定期便を運航しています。

カンタスとヴァージンは、航空券代に預け荷物1個分と飲み物+スナック込み。ジェットスターとタイガーエアは、基本的に機内持ち込み手荷物のみの料金体系です。預け荷物および持ち込み手荷物の許容量(重量と個数)に関しては、各航空会社で確認を。

 

地方都市と主要都市を結ぶ路線を運航する主な航空会社

リージョナル・エクスプレス航空
リージョナル・エクスプレス航空

地方都市と主要都市を結ぶローカル路線は、以下のような航空会社が運航しています。

  • カンタス・リンク航空
    ※カンタスの子会社で地方路線を運航
  • リージョナル・エクスプレス航空 
    ※ニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州北部の地方都市を結ぶ路線を中心に、ノーザンテリトリーを除くその他の州の一部の地方都市間路線を運航
  • エアノース航空 
    ※ダーウィンを拠点にノーザンテリトリー、主に西オーストラリア州とクイーンズランド州の北部地域を結ぶ路線を中心に運航
  • アライアンス航空 
    ※主にパース、ブリスベン、ケアンズ、タウンズビル、アデレードを拠点に近郊の地方都市を結ぶ路線を中心に運航
  • スカイトランス航空 
    ※ケアンズを拠点にクイーンズランド州北部のケープ岬とそれ以遠の島を結ぶ路線を運航
  • スキッパーズ航空 
    ※西オーストラリア北部の地方都市間路線を運航

上記以外にも、不定期に地方都市路線を運航している航空会社や一都市間のみを運航している小さな航空会社があります。

 

地方路線を利用する際の注意点

オーストラリアの地方路線は、小さなプロペラ機などで運行している路線が多いため、手荷物の重量やサイズに独自の制限があるところがほとんど。ほぼ、きっちり重量を測られますし、大きさの制限がある場合もあります。

搭乗前に、預け荷物、機内持ち込み手荷物共に、なるべく軽量化およびコンパクト化することをおすすめします。許容量やサイズについては各航空会社によって異なるので、予約時に確認を。

また、オーストラリアはエリア毎に異なる生態系と農業を保護する目的から、州間やエリア間における検疫検査が厳しくなっています。異なる環境のエリア間を移動する際には、果物や野菜などを持ち込むことができず、廃棄処分にしなければならないこともありますので、ご注意ください。

 
注意)記載の情報は2016年9月時点のものです。

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。