首のエリマキがお洒落な小さなハト、カノコバト

小さな頭と首の水玉模様のエリマキ風羽が特徴的な、スポテッド・ダヴ。和名はカノコバトといい、主にオーストラリア東海岸に生息していますが、元々は東アジアから渡ってきたもの。

Read more

虹色の羽が美しい!レインボーロリキートの雛:オーストラリアの野鳥

毎日のように遊びに来るレインボーロリキート。最初は一羽だけ来ていたのですが、途中から2羽(つがい)になり、そのうち赤ちゃんが生まれるとその雛も連れて来てくれるようになりました!

Read more

オーストラリアの野生動物:人食いワニ、ソルトウォータークロコダイル

オーストラリアにはライオンやトラなど、人間を襲うような凶暴なほ乳類はいませんが、唯一、人をも襲うのが、このソルトウォーター・クロコダイル。地元では「ソルティー」と呼ばれます。

Read more

オーストラリアの野生動物: 10cmを超える大きなクツワアメガエル

世界一、大きなアマガエルでもあるホワイト・リップド・グリーンツリー・フロッグ。美しいグリーンの体を潜めるのにぴったりな、オーストラリア北部の熱帯雨林に生息しています。

Read more

オーストラリアの野生動物: 隠れていたのは…小さなリングテイルポッサム

日本名フクロギツネと言われるブラッシュテイルポッサムに比べて一回り小さく、どこか似ているけれど、顔つきも違う別の種のポッサム。リングという名のごとく、毛のない裸の尻尾がクルンとカールしています。

Read more

オーストラリアの動物たち、舌を出しながら悠々と歩くサンドゴアナ

爬虫類マニアにも超人気の「スナオオトカゲ=サンドゴアナ」。野生のゴアナがノッシノッシと歩く姿は、遥か悠久の昔に地球上を闊歩していた“恐竜”を彷彿とさせてくれます。

Read more

オーストラリアの動物たち、青い舌で威嚇するマツカサトカゲ

日本の爬虫類マニアの人たちの間でも人気という、珍しい爬虫類をご紹介!体が松かさ(マツボックリ)のようにも見える「マツカサトカゲ」。現地ではシングルバックと呼ばれています。

Read more

オーストラリアの動物たち、地球でたった2タイプだけ生き残った単孔類エキドナ

現在の哺乳類の祖とされる単孔類の一種、エキドナ。哺乳類なのに卵を産むという、極めて原始的な生き物ですが、驚くべきことに、オーストラリアには、いまだに現生しています。

Read more

オーストラリアの動物たち、世界で一番小さなペンギンの赤ちゃん

オーストラリア南部に生息する世界で一番小さなペンギン。有名なのはメルボルンから日帰りも可能な、フィリップ島。その名も『ペンギンパレード』と呼ばれる観察会が、毎日行われています。

Read more
1 / 3123