オーストラリア大規模森林火災 支援先リスト一覧

  
更新:2020/1/23 特定の寄付先団体の注意すべき理由を追加しました。
更新:2020/1/12 動物保護団体への支援先に「FAWNA NSW」を追加しました。
更新:2020/1/7 動物保護団体への支援先に「RSPCA NSW」を追加しました。

 
オーストラリアは昨年から(公式には9月からとも言われている)続く森林火災が年末にかけて悪化。オーストラリア史上最悪の森林火災となっています。

被災地では、オーストラリア史上最大となる大規模な住民避難も行われ、火に追い詰められて逃げ場を失った人々が海岸へ向かい、海軍による海からの救出作戦が行われています。

また、オーストラリアの消防士は、その大半が無償のボランティア。昼夜問わず懸命に消火活動に当たってくれている消防士たちにとって、未だ終わりの見えない火との闘いが続いています。

 

被害の大きさ

日々伝わってくる火災現場の様子は、地獄絵図そのもの、、、、
今のところ、まだ収束の目途はたっていません…

現時点で、関東地方(32,424 km2)の倍に近い約63,000 km2が焼け *訂正します:先の数字はNSW州とVIC州のみで、オーストラリア全体だと現在の森林火災面積は、関東地方の2.5近い約79,800 km2になっているようです【参照】。25人の死亡が確認、ニューサウスウェールズ州だけで5 億もの動物・生き物が焼死したのではないかと言われています。*赤字部分追加修正しました:“5 億もの動物・生き物”は、ニューサウスウェールズ州だけでした。他の州を入れるとさらに膨大な数に…【参照

≪Up Date≫ 1月11日の時点で、焼失面積は約110,000平方キロメートル、死者数27人、NSW州だけで5~8憶、他州を合わせると何十億もの生き物が死んでしまったのではないかという試算が発表されました。

生き残った動物たちは地元の人が救助し、野生動物保護センターで懸命の介護が行われていますが、野生動物のケアはとても大変。私もボランティアをすることがありますが、ケアラーは四六時中面倒をみなければならない上、ペットと違い餌やミルク(有袋類用の特別ミルクが必要)にとてもお金がかかります。ですので、少しでも多く方に支援をお願いできれば幸いです。

また、もちろんですが、火が消えないことにはいつまでたっても危機的状況が続くため、消防活動にもご支援をお願いできればと思います。

 
 
以下に主な寄付先を挙げています。リンク先は寄付ページ、もしくは案内ページへ飛ぶようになっています。

※オーストラリアの森林火災の現状については、随時ツイッターで発信しています。 @mikihirano

<野生動物&ペット動物保護への支援>

  • フォーナ FAWNA NSW こちらからも寄付できます。
    ※ NSW州北部で活動する野生動物保護団体で、有袋類や鳥類、爬虫類など、野生動物全般を救助保護し、野生に戻す活動をしています。フォーナの管轄地区は、昨年の火災で野生動物の棲み処がかなり大きなダメージを受け、動物達の餌不足が深刻です。これを救えるのは人間のみ!ということで、地元の役場と連携して、森に餌となる植物等が戻るまで、餌を撒く作戦を始めました。エリアが広大なため、資金もたくさん必要です。ご協力お願いします。

  • ワイヤーズ WIRES ★Paypalからも寄付できます。「Donate by Paypal」をクリック。
    ※ NSW州で活動するオーストラリア最大の野生動物保護団体で、州内全域で有袋類や鳥類、爬虫類など、野生動物全般を救助保護し、野生に戻す活動をしています。 詳細はこちらのコラムで紹介しています。


  • マラクータ・ワイルドライフ・シェルター  
    ※火が迫り、住民ら約4千人が海岸へ避難し、逃げ場を失って閉じ込められていたビクトリア州南東部のマラクータにある野生動物シェルター。マラクータ周囲はユネスコ生物圏保護区に指定された豊かな生態系が育まれている国立公園で、多様な生物の宝庫でもあるため、コアラをはじめ、たくさんの動物が運び込まれています。

  • RSPCA NSW  
    ※NSW州のRSPCAでは、主にペットや家畜など、人間が飼っている動物の保護や介護に当たっています。オーストラリアでは犬や猫だけでなく、馬や山羊、アルパカなどの大型動物を飼っている人も多く、被災して残されてしまった動物や迷子になったペット達を保護したり、避難所で入手しくにい餌などを運んだりしてくれています。

<消防活動及びコミュニティへの支援>

皆さまの温かいご支援をお願いできれば幸いです。


また、もし寄付ではなく他の形で支援したい、という方は、森林火災が収束した後にでも、ぜひ、オーストラリアへお越しください。そして、被災した町や国立公園を訪れ、そこでお金を落とすことでコミュニティとオーストラリアの自然環境を支援してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住20年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2020
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。