【更新中】国境を閉鎖したオーストラリア/ニュージーランドの航空便運航状況

更新:7月9日付けの日本航空のリリース情報と全日空の情報を追加しました。赤字記載部分。
更新:4月22日付けの全日空のリリース情報を追加しました。
更新:4月16日付けのヴァージンオーストラリア航空の国内線情報を追加しました。
更新:4月13日付けの全日空のリリース情報及び日本航空の運休延長情報を追加しました。
更新:4月9日付けのヴァージンオーストラリア航空のリリース情報を追加しました。
更新:4月3日付けの全日空のリリース情報、及び、ニュージーランドからの帰国手段について追加しました。
更新:3月27日付けの全日空のリリース情報を追加しました。

 3月20日より、オーストラリアとニュジーランドは国民と永住者/居住資格保持者以外の入国を禁止し、事実上、『鎖国』状態となっています。

オーストラリア国内でも州境閉鎖が相次いでおり、昨日付けで、在メルボルン日本国総領事からもワーキングホリデーで滞在中の方へ向けて、直接メッセージが発信されました。

メルボルン総領事館松永総領事からワーキングホリデービザで滞在されている方へのメッセージ

 
 
 とはいえ、州境閉鎖で国内線の減便や運休も相次ぎ、移動もままならなくなってきている中で、日本へ帰国したくてもどうやって帰ったらいいの?…という人も多いのではないかと思い、現時点で発表されている両国の航空便の運航状況をまとめました。

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯の最強カードは・・⇒

オーストラリアから日本への国際線直行便

今のところまだ運航している便も紹介しますが、以下の通り、日本への便は、現実的にはシドニー発の全日空 NH880 便一択になるかと思います。

◆カンタス航空 -~10月末まで国際線定期便運休 ★公式発表はこちら

◆ジェットスター航空 -~10月末まで国際線運休 ★公式発表はこちら

◆日本航空 

-メルボルン~成田 ~10月1日まで運休
-シドニー~成田 ~10月1日まで運休
公式発表及び詳細はこちら

◆全日空   ※現状、現実的には全日空のシドニー便のみ…

-シドニー~羽田 シドニー発NH880 ~8月1日(木)までは週3便へ減便。運航予定日 シドニー発:月、木、土 で週3便にて運航。
公式発表及び詳細はこちら

以下、7月9日付けの在シドニー日本国総領事館からのお知らせを転載します。
———————————————————————–

●7月9日(木),日本航空は,シドニー・羽田線及びメルボルン・成田線の運休を10月1日(木)まで継続すると発表しました。
●日本への直行便のほとんどが運休を継続している状況であり,日本への早期帰国が必要な方や当地での長期滞在が困難な方は,早めの帰国をご検討ください。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/document/japanese/consul/20200709jal.pdf

———————————————————————–

-パース~成田 ~7月31日まで運休
-シドニー~羽田 NH889/NH890 ~7月31日まで運休
上記2便に関する公式発表及び詳細はこちら

オーストラリア国内線主要都市~シドニー間路線の運航状況

7月10日時点で、ビクトリア州に対して全ての州が州境を閉鎖しています。10日には、ビクトリア州を除く他の州に対して、クイーンズランド州が州境を再開しました。また、ノーザンザンテリトリーが17日、南オーストラリア州が20日の再開を予定していますが、ビクトリア州は引き続き閉鎖となります。

タスマニア州はビクトリア州の感染拡大を受けて、24日に予定していた再開を延期。西オーストラリア州は今のところ、再開予定は未定です。

現時点で日本へ帰国できる直行便に乗るためには、シドニー空港へ移動するしかない状態ですが、上記の通り、ビクトリア州に対して州境閉鎖しているため、メルボルンからシドニーへ入る場合は、事前に許可を得る必要があります。

問い合わせと申請はこちらから。⇒ Apply for a COVID-19 NSW border entry permit

国内線に関しては、州境再開した州と州と結ぶ便はかなり戻ってきていますが、どうしても、新型コロナ流行前ほどの便数はありませんので、余裕あるスケジュールを組むことをお勧めします。

日本への帰国を考えている場合、シドニー以外の場所にいる方は、とりあえずシドニーまで移動し、そこから上記でご紹介した全日空便に乗ってください。

※アジア諸国などの経由便に関しては、各国が国境を閉鎖したりしているため、乗り継ぎできない/隔離期間がある等の措置が導入されていることから、あまり現実的ではないため省きます。

◆カンタス航空グループ{現在~当面}
-メルボルン~シドニー 減便 1日8便程度

◆タイガーエアーオーストラリア航空 -全便運休 ★公式発表はこちら

各航空会社ともあくまでも「予定」や「当面」の運航となっていますので、必ず公式サイトでチェックしてください!

ニュージーランドから日本への国際線直行便

ニュージーランド航空は、シドニー~オークランド線はまだ飛ばしていますが、その先の日本への国際線が3月30日以降、すべて運航停止となっています。

ニュージーランドからの帰国を考えている方は、とりあえず、シドニーまで飛び、そこから上記でご紹介している全日空便に乗ることをおすすめします。

-オークランド~シドニー 4月12日まで週3便程度(4. 5, 9 , 11, 12日運航予定)、13日以降は16, 18, 25日は運航予定です。26日以降についても若干飛ぶ予定のようですが、ANAのシドニー~羽田便が今のことろ未定のため、現時点(4/3)では記載していません。

◆ニュージーランド航空 ★公式発表はこちら
-オークランド~成田 3月30日~6月30日運休
-オークランド~関西 運休

Air NZ
ニュージーランド航空

状況は日々変わっているので、各航空会社及び各関係機関で最新状況を必ずチェックしてください!

注意)記載の情報/データは2020年7月10日時点のものです。初稿:2020年3月26日

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住20年以上。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2020
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。