オーストラリアのスノーシーズン到来!スキー場がオープン

 
5月、南半球のオーストラリアは晩秋…といった季節のはずなのですが、今年はここ数年で最も寒い5月になっています。シドニーでも「寒いなぁ」と思っていたら、やはり、ニューサウスウェールズ州南部の山々では雪が降っていたよう…。

そんな中、例年であれば早くても6月下旬あたりにオープンするはずのスキー場が、今月17日オープンしました!

実は南半球最大のスキー場があるのも、ここオーストラリア。その他にも、ニューサウスウェールズとビクトリア州境に聳えるオーストラリアンアルプスと呼ばれる山岳地帯にいくつも点在しています。オーストラリアのスキー場は、スキー用やスノボ用などのゲレンデの区分けは基本的にありませんので、スキーヤーもスノーボーダーも一緒に楽しめます!

そこで、日本ではほとんど知られていない、オーストラリアのスキー場情報をお届けします。

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯、しかも最大5000円分がもらえる最強カードは・・⇒

 

2011年冬、例年より早くオープンしたペリッシャー

ペリッシャー・スキー場ゲレンデマップシドニーから車で南へ約6時間ほどのところに位置するスキー場「ペリッシャー」。標高2,054mのペリッシャー山をはじめ、周辺の7つの山々を使ったダイナミックなコースが楽しめます。

このスキー場の滑走可能面積は1,245ヘクタール。日本で一番広いスキー場はニセコ3山で、その面積は462ヘクタールだそうですから、比較にならないほどのとてつもない広さ!ニューサウスウェールズ州ではもちちろん、実は南半球最大のスキー場なのです。日本じゃ味わえない、スケールのでかいスノーフィールドが魅力です。(右のインタラクティブマップでゲレンデやコースを確認できます)

現在オープンしているのは全てのコースではありませんが、雪質は上々とのこと。各フィールドのコンディション、降雪状態は、下記公式サイトの「Snow Camsスノーカム」で、ほぼリアルタイムで見られます。

Perisher(英語)

※ペリッシャーブルー(Perisher Blue)という名称でも知られますが、現在はペリッシャーのみで統一。絶滅が危惧されるマウンテン・ピグミー・ポッサムの保護のため、2002には滑走可能エリアのBlue Cowにおける全ての滑走を停止させ、その後も一部を閉鎖したことも理由のひとつにあるようです。

 

シドニー、キャンベラから行くスキー場

スノーボーダーにも人気が高いスレドボ

上記でご紹介したペリシャーのほか、スレドボやセルウィンといったニューサウスウェールズ州を代表するスキーリゾートがあるのは、ノーウィーマウンテンズと呼ばれる山岳エリア。ゲートウェイとなる大きな都市は首都キャンベラです。キャンベラからは車で約3時間程度、シドニーからは6時間程度。

スキー場行きのバスは、キャンベラから多数運行されています。シドニーからは、宿泊などをセットにしたパッケージツアーが催行されています。

ペリッシャー以外のNSW州の主なスキー場

【参考】Tourism Snowy Mountains スノーウィーマウンテンズ観光局(英語)

メルボルンから行くスキー場

メルボルンはスキー場への便利なゲートウェイ

ビクトリア州のスキー場は、メルボルンから北東に位置するハイカントリーと呼ばれる山岳エリアにあります。実は、メルボルンは、スノーエリアへ最も手軽にけるゲートウェイ都市。最も近いスキー場であるマウントブラーまでは、車で3時間程度で到着できます。

例年6月中旬頃からのスキーシーズンには、メルボルン中心部のサザンクロス駅からマウントブラーまで、毎日2~3本程度のスキー場行きのVラインと呼ばれるバス(Mansfieldで乗換え)が運行されているほか、週末などにはマウントブラーへの日帰りスキーツアーが催行されることも!

その他のビクトリア州に点在するスキー場マウントホッサムやフォールスクリークへは、メルボルンから車で約6時間程度で、シーズン中はスキー場行きのシャトルバスが運行されることもあります。下記の公式サイトをチェックしてみてください!

VIC州の主なスキー場

【参考】V/Line Vライン・メルボルンから郊外への列車やバスを運行する会社(英語)

※記載の情報は2011年5月時点のものです。変更になる場合がありますので、お出掛けになる場合は事前に公式サイト等でご確認を。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。