オーストラリアでオーロラ鑑賞はいかが?

 
光のカーテンが夜空にゆらめき、大地をやさしくベールのように覆う神秘的なオーロラ。オーロラが作り出す幻想的な風景は、一生に一度は見てみたい!という人も多いのではないでしょうか?

「オーロラって、北欧諸国やアラスカ、カナダなど、北極に近い国に行かなければ見られないでしょ?なんでオーストラリアなの??」と、思う人がほとんどかもしれません。でも、実は、南半球でもオーロラが出現するのです!

澄んだオーストラリアの夜空に現れる幻想的なオーロラと南十字星、そして満天の星達― それは本当に、感動的で素敵な夜になるはず。オーストラリアに過去出現した美しいオーロラ写真を織り交ぜながら、魅惑の夜空へご案内いたしましょう!

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯の最強カードは・・⇒

 

南半球のオーロラ・オーストラリス

タスマニアで撮影されたオーロラ (C) Shevill Mathers, Southern Cross Observatory- Tasmania.

オーロラは極光とも呼ばれ、地球の極に発する磁気、つまり、100km以上の上空で起こる放電現象です。活発な太陽活動に伴って発生する極光は、地球の北と南で対称的に発生しています。オーロラオーバルと呼ばれ、極点からリング状に発生するオーロラは、そのリングがかなり大きくなって、オーストラリア大陸にかかることも多いのです。

北で発生する極光をノーザンライツというのに対し、南はサザンライツ。別名を「オーロラ・オーストラリス Aurora Australis」といいます。その名にもなるほどですから、南極寄りのオーストラリア南部では当然オーロラが出現する、というわけです。この現象は、太古の昔からオーストラリア大陸で暮らしてきたアボリジニの人々も見ていました。そして、その現象を「ドリーミング」という伝承で伝えています。このお話は、こちらのブログでお読みいただけます。

 

オーロラ最多出現率は、星空が素晴らしいタスマニア

タスマニアの首都ホバートで撮影されたオーロラ タスマニアで撮影されたオーロラ (C) Shevill Mathers, Southern Cross Observatory- Tasmania. 撮影された

オーロラの出現率が最も高いのは、やはり最南端のタスマニア。『世界で一番空気が澄んでいる場所』と言われるタスマニアですから、夜になれば無数の星達が煌き、 くっきりとかかる天の川と南十字星。そして、それを包み込むようにそっと現れるオーロラ… それは、まさに筆舌に尽くしがたい美しさ!

タスマニアの州都ホバートは、そんな素晴らしい夜空を堪能するのに最適な環境が整っています。ホバート郊外で島内一の私設天文台を運営するシェビル・マーサーズさんも、そんなタスマニアの夜空に憑りつかれた一人。国内外の天文誌へも寄稿し、南半球におけるオーロラ研究の第一人者としても知られる天文家でもあります。記事作成のため、シェビルさんから許可を得て、彼が撮影した美しいオーロラ写真をお借りしました。

 

寒さ知らずの初夏のオーロラ鑑賞

キャンベラのマウントストロムロ天文台極光の活動が活発ならば、ほぼ年間を通して見られるというオーロラ。ならば、夏場でも見られるはず。なのに、オーロラ観測は冬のイメージがつきまといますよね? それはなぜか?というと…

実は、北半球のオーロラで有名な場所にも、夏であってもオーロラは出現しています。でも、これらの場所はほとんど、夏は白夜となり、太陽が夜になっても沈まないため、明るすぎて見えにくいだけなのです。だから、冬の夜が長くなる時期がオーロラ鑑賞のピークになる、というわけです。

ところが、オーストラリアは、最南端のタスマニアであっても、夏に白夜になることはありません。つまり、夏場でも極光の活動が活発なら見られるのです!シェビルさんによれば、過去最も出現回数が高いのは、11月初旬頃だそうで、その頃、南半球は初夏。寒さ知らずのオーロラ鑑賞が可能なのです。もちろん、冬場でもオーロラは出現します。

どちらかといえば、夏場は暗くなるのが遅いので、やはり夜が長い冬のほうが、必然的にオーロラに遭遇できる時間が増えるといえるでしょう。ちなみに、最南端のタスマニアであっても、冬の最低気温が氷点下になることはほとんどありません。

 

 おすすめの鑑賞地

最南端のタスマニアが最もおすすめですが、次に候補として挙げたいのはキャンベラ。キャンベラは、周囲に人工の光が少ない場所が多くあるため、環境的にもバッチリです。その次は、ビクトリア州もおすすめ。観光地として人気のグレートオーシャンロードは、夜になると素晴らしい星空が広がっています。運がよければ、オーロラがかかるグレートオーシャンロードの絶景が見られるかも?

オーロラを見るためには、まず、極光の動きを知ることが肝心。以下の「オーロラ・アクティビティ」のサイトで、現在のオーロラオーバルの出方を確認してお出かけください!

現在のオーロラ・アクティビティ-南半球あり(英語)
シェビルさんが運営するサザンクロス天文台 (英語)

Special Thanks to: (C) Shevill Mathers, Southern Cross Observatory- Tasmania.

注意)記載の情報/データは2013年10月時点のものです。

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。