オーストラリアの天気・気候と服装

 

オーストラリアの気候と服装

オーストラリアは、熱帯から砂漠まで様々な気候帯が混在する広い大陸のため、旅行するエリアによって、気候も服装もまったく異なります。また、南半球に位置するため、基本的に日本とは季節が逆。一般的には、春=9~11月、夏=12~2月、秋=3~5月、冬=6~8月といった感じで考えておくといいでしょう。

ただし、北部は熱帯~熱帯雨林気候に属すため、主に雨季と乾季に分かれるのが特徴。夏場が雨季となります。南部の冬は日本と比べると比較的穏やかですが、山岳部では雪も降りますので、それなりの装備で。また、全土を通し、日本と比べると日差しが強いので日焼け止めや帽子等は必携です。

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯、しかも最大5000円分がもらえる最強カードは・・⇒

 
⇒各州の情報については「オーストラリアの州|エリア情報」で。

 

オーストラリア各州の気候と州の特徴

6つの州と1つの準州から成るオーストラリア。広大な大陸のため、各州やエリアによっても気候が異なります。
〔参照〕オーストラリアの概要と地図

 

icon-flag クイーンズランド州

北部の熱帯から中央部の砂漠まで多様な気候に属し、全般的に温暖。サンシャインステートと呼ばれるほど晴天率が高く、美しいビーチが連なる海岸部は年間を通じて温暖で過ごしやすく、国内でもホリデー先として人気。

 

icon-flag ニューサウスウェールズ州と首都キャンベラ

首都キャンベラを囲むニューサウスウェールズ州は、最大の人口を抱える金融・経済の中心。沿岸部は年間を通して温暖だが内陸部には砂漠、南部にはスキー場を有する国内最高峰の山があり、亜熱帯のビーチから雪山まで最も変化に富んでいる。
キャンベラは、ニューサウスウェールズ州を区切った形となっているため、気候風土はほとんど同じ。ただし、少々内陸に入っているため、夏涼しく、冬は冷え込みが厳しいのが特徴。

 

icon-flag ビクトリア州

本土で一番小さい州。比較的温暖で四季がはっきりしており、都市を取り囲む自然が豊か。国内で最もスポーツ熱心な土地柄でもある。

icon-flag タスマニア州

人口も少なく、世界で最も空気が澄んだ場所と言われる、唯一の島の州。温帯に属すが、年間を通し涼冷な気候で、冬は山間部では雪が降ることもある。手付かずの自然あふれる国立公園が大部分を占め、四季折々の景色が美しい。

 

icon-flag 南オーストラリア州

高品質のワインやオリーブを作り出す地中海性の沿岸部と乾燥した砂漠の内陸部から成り立つ。農・漁業も盛んで、グルメな州として知られる。

 

icon-flag 西オーストラリア州

インド洋に面し、大陸の約3分の1を占める一番大きな州。過ごしやすい南西部に人口が集中。北部は熱帯、中央部は砂漠、沿岸部は地中海性など、複雑に気候が入混じり、雄大な景観が魅力だ。

 

icon-flag ノーザンテリトリー(準州)

本土中央に位置するノーザンテリトリーは、人口などの観点から準州となっている。北部は熱帯に属すため、雨季と乾季に分かれ、中央部は乾燥した砂漠が広がっている。太古の大陸を垣間見られるワイルドな自然にあふれている。

注意)記載の事項は2010年7月時点のものです。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。