サイクロン影響なし!ハミルトン島からメッセージ

 
2月3日、世界でも稀にみる超巨大サイクロン・ヤシーがクイーンズランド州北部を襲いました。上陸地点はケアンズの南、最も被害が深刻なのはミッションビーチ、タリー、カードウェル付近ですが、その他周辺各地にも被害が及び、現在復興作業中です。(サイクロンの詳細記事はこちらのブログで)

場所がクイーンズランド州北部ということで、日本でも人気の観光地ハミルトン島は大丈夫なのだろうか? と心配している人も多いのではないでしょうか?

襲来に備え、1日にはハミルトン島とはじめとするウィットサンデー諸島エリアにも避難勧告が出されましたが、このエリアへの影響・被害はほとんどなし! サイクロンの暴風域には入っていたようですが、通過後には素晴しい青空が広がり、いつも通りのハミルトン島に戻っています。

そのハミルトン島から、サイクロン通過後の2月4日に撮影された素敵な写真とメッセージが届きました! ※小さな写真はクリックで拡大します。

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯、しかも最大5000円分がもらえる最強カードは・・⇒

 

グレートバリアリーフの中心、ハミルトン島

上空のヘリから撮影したホワイトヘブン・ビーチ上空のヘリから撮影したホワイトヘブン・ビーチ

オーストラリア北東部に全長2,000km以上に渡って続く、広大なグレートバリアリーフ。そのほぼ中心に位置するのが、ウィットサンデー諸島です。大小いくつもの島々で構成されたウィットサンデー諸島へのゲートウェイとなるのが、ハミルトン島。まさに、グレートバリアリーフの中心と言えます。

グレートバリアリーフ唯一のハート型リーフグレートバリアリーフは広大なため、ウィットサンデー・エリアで見られる珊瑚礁は、ケアンズを中心とする北部とは異なるのが特徴。よく、旅行パンフレットなどで見られるハート型の珊瑚礁(ハートリーフ)は、ここでしか見られません。そして、『世界で一番美しいビーチ』と言われるホワイトヘブン・ビーチもすぐそこ!

今回のサイクロン襲来で、ケアンズあたりから南のタウンズビルあたりにかけての珊瑚礁は、大きなダメージを受けているのではと推測されています。被害がどれほどのものなのか、まだ全容は明らかになっていませんが、サイクロン上陸地点から約390km離れたところに位置する、ハミルトン島周辺への影響はほとんどないものと思われます。

 

ハミルトン島から直送!素敵な写真とメッセージ

ハミルトン島のビューポイントからの眺めハミルトン島のビューポイントからの眺め

ハミルトン島内1のラグジュアリー・リゾート「クオリア」のプールサイクロンの影響について、たくさんの問い合わせがあったというハミルトン島のPR担当者の方から、4日に撮影したという素敵な写真とメッセージが届きました!

※写真はすべて、サイクロン通過後の2月4日午前中に撮影されたものです。

<メッセージ>

ハミルトン島のマリーナ「オーストラリア北東部でサイクロンの被害が凄いと報道され、お客様を含め、皆様からご心配いただき、多数の問い合わせメールもいただきました。

今回のサイクロンは、ハミルトン島から390kmも離れた位置を通過したので、全く影響がありませんでした。

美しいグレートバリアリーフ、そしてハート形のサンゴ礁や世界一美しいホワイトヘブンビーチに最も近いハミルトン島へ是非お越しください!」

ジェティから続くハミルトン島の商店街リゾートもすべて通常通りとのこと。写真からは、いいお天気に恵まれ、本当に素晴しいハミルトン島の様子が伝わってきます。

グレートバリアリーフ観光の拠点として最適なハミルトン島は、これから最もいいシーズンを迎えます。のんびりできるリゾートアイランドへ、出かけてみませんか?

【あわせて読みたい】
サイクロンによるグレートバリアリーフの被害状況
グレートバリアリーフ

★グレートバリアリーフのホテル価格比較

注意)記載の情報/データは2011年2月時点のものです。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
 
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。