夏休みはオーストラリアで、「サーフ&スノー計画」 ~海と雪原を一度に楽しもう!

 
世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ南半球のオーストラリアは日本とは季節が逆。日本が夏になると、こちらは冬の真っ只中です!

既に南部の山々では積雪があり、スキー場もオープン。

かたや大陸北部は、冬でも25~27℃と爽やかな初夏のような陽気。とくに最北部にほど近い熱帯雨林気候のケアンズ辺りでは、海水浴も楽しめます。

ということは、1週間程度の旅行でも、白銀の世界で雪と戯れ、グレートバリアリーフで熱帯魚と戯れる!なんてことができちゃう季節なのです。

同じ時期に1つの国を訪れるだけで、まったく逆の季節である冬と夏を一気に楽しめるのは、広い大陸オーストラリアならでは。世界広しといえども、そうたくさんあるわけじゃありません!

スキーとビーチを一度に楽しめるオーストラリアそんなわけで、1回の旅行で2度も3度も楽しめる、欲張りな個人旅行プランをご紹介。

名付けて「サーフ&スノー計画」。

スノーサーフィンじゃなくて、本当のサーフィンとスキーやスノボを一度に楽しむ。

さらには、グルメやショッピングまで楽しんでしまおう!という、1回の旅行で2度も3度もおいしい旅プランの提案です。

 

夏と冬を一気に遊ぶなら、いつがおすすめ?



Booking.com

オーストラリアのスキー&スノボ・シーズンは、通常6月中旬~9月頃まで。そしてケアンズ周辺でグレートバリアリーフの美しい海を思いっきり楽しむのにベストなシーズンは、だいたい7月頃~10月頃。

ということは、日本の夏休みあたりの8月~9月上旬が最も適しているということになります。これなら夏休みの旅行にピッタリ!

ただし、ケアンズ周辺では一年中海水浴ができるといえども、さすがに冬場は水温が下がります。

最初に海に入った時は若干「冷たい!寒い!」と感じることもあると思いますが、グレートバリアリーフのツアーに参加するなら、ウェットスーツを貸してくれますので、そのうちすぐに慣れてしまいます。

また、冬場は晴れていても風が強く、波が高いこともあるので、船酔いしやすい人はとくに、天候と相談の上、現地で参加するかどうか決めるといいでしょう。

〔参照〕グレートバリアリーフ



Booking.com

シュノーケルやダイビングじゃなく、サーフィンしたい!と言う人は、ゴールドコーストへ。

ケアンズよりは少し気温が低いですが、それでも21~23℃くらいですので、水がちょっと冷たい(案外、陸上の気温より水温のほうが高いということも)ですが波は上々。
冬場は少し海が荒れて波が高くなる日も多いため、サーフィンにはもってこいの季節です。

もちろん、シドニー辺りまで南下してもサーフィンを楽しめますが、さらに気温が低いため、水から上がった時に少々寒いと思いますので、厚手のウェットスーツや暖かい羽織物などをお忘れなく。

※余談ですが、冬のシドニーの水から上がった時の寒さ対策のために、有名なシープスキン・ブーツの「UGG アグ」が生まれました。サーフィン後の冷たくなった足を温めるために、シドニー郊外のサーファーが考案したのが始まりなのです。

 

夏と冬を一気に楽しむ旅のスケジュール

サーフ&スノー計画 具体的なプラン例
※このプランでは、メルボルンin、ケアンズoutを想定
おすすめなのは、先にスキーorスノボ(雪)、後半でのんびりビーチ(海)というパターン。これだと冬の寒さのまま、暑い日本に戻らずに済み、体への負担も軽減できます。

また、短い旅行ならスキー場への交通が便利なメルボルンへ入るのがおすすめ。メルボルンなら、グルメやショッピングも思う存分楽しめます!

そこで、まずは日本からメルボルンへ週末がかかるように飛ぶ。できれば木曜日か金曜日あたりに飛んで、翌日の0時ちょっと過ぎにメルボン到着。(メルボルン行き直行便のスケジュールはこちら

午前中はメルボルンでまったり。そしてできれば、その日の午後か翌日にスキー場へ移動。2~3日ほどスキーorスノボ三昧。(メルボルンから行くスキー場はこちらで紹介しています。



Booking.com

スキー場からメルボルンに戻って、国内線でケアンズまたはゴールドコーストへ飛び、2日ほど滞在。海を満喫しながら、のんびりとヴァカンスを。

そして日本へ帰国。具体的には、右のようなプランになります。

このプランなら、1週間ちょっとの休暇で“雪とビーチ、そして都市でのショッピングやグルメを思う存分楽しむ、1度で2度も3度もおいしい旅”が体験可能!

今年の夏休みは、ウインタースポーツとマリンスポーツを同時に極めちゃう?

【あわせて読みたい】

【旅のツール】

注意)記載の情報/データは2015年7月時点のものです。初稿:2011年5月

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。