Day 9 もうひとつの“世界の中心”、キングスキャニオン(ワタルカ国立公園)で絶叫ウォーク!? -シドニー~ダーウィン21日間 7千キロ

 
2015年5月27日から21日間かけて、キャンピングカーで陸路を辿り、冬到来のシドニーから熱帯のダーウィンを目指したオーストラリア縦断の旅の記録です。
シドニー~ダーウィンーストラリア縦断の旅 アーカイブ

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯の最強カードは・・⇒

 

第9日目: 6月4日 ノーザンテリトリーのキングスキャニオン(ワタルカ国立公園)

◎本日の走行距離=22km

キャニオンを眺めながら朝食!(iPhoneにて撮影)
キャニオンを眺めながら朝食!(iPhoneにて撮影)
今朝は、サンライズ・スポットでキングスキャニオンこと「ワタルカ国立公園」の渓谷から昇る朝日を見るため、まだ暗いうちから始動!

雲ひとつない好天に恵まれ、まさに絶好の日の出観測日和となり、素晴らしい日の出を見ることができた。満足、満足♪\(^o^)/

朝日の当たり始めたキャンプ・グラウンドに、小さなテーブルと椅子を出して朝食。
うーん、最高に気持ちいい朝♪♪

本日は、いよいよワタルカ国立公園内へ入り、渓谷内のウォーキングに挑戦する。

というとなんだか仰々しいけれど、つまりは単に公園内に整備されたウォーキング・コースを歩くだけの、いわばハイキングだ。
しかし、この“単なるハイキング”的な軽い認識が大間違いであったことに、後で気づくこととなる…

朝陽が当り始めたキャンプ・グラウンド朝陽が当り始めたキャンプ・グラウンド

国立公園へ入ると、ウォーキング・コースの説明が書かれていた。とりあえず、コースは2つ。
ひとつは、「キングス・キャニオン・ウォーク」で6kmの往復、約3.5時間のコース。
もうひとつは、「キングス・クリーク・ウォーク」で2.6kmの往復、約1時間のコースだ。

<注意>看板には「キングス・キャニオン・ウォーク」のところに「Return(往復)」と書かれていますが、実際は「Loop」で、渓谷のヘリづたいにぐるっと一周してくるコースです。

歩くコースはもう決めていた。
短いほうの「キングス・クリーク・ウォーク」は、以前来た時に歩いているから、今回は、まだ歩いたことのない「キングス・キャニオン・ウォーク」にトライ!!
…しかし、後でよく考えてみると、クリーク・ウォークの約2倍ほどの距離なのに、時間が3倍以上かかるということ・・・・・(無言)・・・・だった、、

国立公園のウォーキング・コースのサイン国立公園のウォーキング・コースのサイン

リム・ウォーク(キングスキャニオン・ウォーク)に関する注意書ともあれ、ここから先にトイレはないから、とりあえず行っておこうと、まずはトイレへ。
手洗いの前には「ウォーキングの注意事項」が貼られていた。

「リム・ウォークの準備はできていますか?」と題した注意書きは、読めば読むほど怖くなるようなことが書かれていた。

ざっくり説明すると、以下のようになる。

リム・ウォーク=キングス・キャニオン・ウォークは6kmあり、3~4時間かかります。
急な崖を登り、ほとんど日陰はありませんし、きわめて厳しい気温となります。
*一人につき3リットルの水を持参すること
*つばの広い帽子をかぶること
*ウォーキングに適した靴を履くこと
*日焼け止めを定期的に塗ること
*エネルギー維持の為の食べ物を持参のこと。

これらが守れないと死ぬかも――!?的な渓谷ならぬ、『警告』だ。

う・・・水は一人当たり1リットル程度しか持ち合わせてないし、食べ物もあんまり持っていない。どうしよう、、、一抹の不安がよぎる。

幸い飲み水は、水汲み場があったので、念のため、空のペットボトルに1リットル分を入れ、リュックサックに突っ込んだ。
そして、“クリーク・ウォークこっち”のサインには脇目も振らず、さっきの警告のことは考えないことにして歩き出した!

水汲み場に水を飲みに来る野鳥たち水汲み場に水を飲みに来る野鳥たち

スタート直後、いきなり目の前に立ちはだかったのは、下から見上げるとかなりの角度がある断崖。
しかし、よく見ると岩肌の地層が段々になっていて、階段のように登ることができるようだ。

スタートからいきなり、かなり傾斜角度がある断崖を登る!スタートからいきなり、かなり傾斜角度がある断崖を登る!

登りはじめは快調。軽快に岩肌を登る。しかし、途中で休憩した時に来た道を振り返って絶句…
めちゃめちゃ高いじゃん!!
今から登り始めようとする人が、蟻ンコみたいに小さく見える。ひえぇぇ・・・(絶句)
そうだった、、私は重度の高所恐怖症なのであった、、、、orz

登ってきて、途中で振り返った景色…思い出すだけでも気絶しそう、、登ってきて、途中で振り返った景色…思い出すだけでも気絶しそう、、

最初の断崖を登りきると、さらなる断崖絶壁が待っていた。そもそもこのウォーキング・コースは、この断崖絶壁からなる渓谷のすれすれの端っこ=際(きわ)を歩くコースだったのだ!
ちょっと覗けば吸い込まれそうな断崖絶壁が次々と現れる、高所恐怖症にとっては、まさに『絶叫ウォーキング・コース』……(°_°)

この断崖絶壁のヘリを歩くコースだった、、この断崖絶壁のヘリを歩くコースだった、、

渓谷の谷間を繫ぐのは、一人しか通れないような狭い木製の橋だったり、ほぼ垂直の絶壁に張り付くように作られた歩道とか、次から次へと、これでもか!の絶叫スポットのオンパレード!! (i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ

なんとか4時間弱で歩き切ったけど、もう二度とやりたくありません!>キッパリ

ウォーキングの途中で出会ったトカゲ。よくこんな過酷な環境で生きられるものだと感心!ウォーキングの途中で出会ったトカゲ。よくこんな過酷な環境で生きられるものだと感心!

でも、高い所が全然平気な人にとっては、それはもう本当にスバラシイ絶景が待っています!
いや、高所恐怖症の私でも、あの絶景には感動しましたよ。ほんと、あれ見たら、マジで人生観変わるくらいスゴイ景色!
…でも、いまだに高所に強くなれないけど、、、(^_^;)


というわけで、おそらく普通の人(高所恐怖症でない人)の10倍くらい疲労困憊した本日は、早めにごはんを食べて、とっとと就寝。
あ、その前に夕焼けを見たのだった。美しかった~♪ (以下は後日ツイートしたものです)

ところで、なぜ“もうひとつの世界の中心”なのか?気になりませんでしたか?

その理由は・・・
このキングスキャニオンことワタルカ国立公園は、2004年に日本で一大ブームを巻き起こした「セカチュー」こと「世界の中心で、愛をさけぶ」のドラマ版ロケ地となったのです!
あれ?ウルルじゃないの?という人は、こちらの記事をチェック!

キングス・キャニオンをレンタカー以外で訪れるなら、ウルル又はアリス・スプリングス発着のツアーに参加するのがおおすすめです。これだと、途中でキングス・キャニオンに1泊して満喫した後、目的地向かう片道ツアーなので、移動の足としても使えますよ!

*ウルル発のキャンピング・ツアー
*アリス・スプリングス発のキャンピング・ツアー

10日目に続く

◎第9日目:ノーザンテリトリーのキングスキャニオン・リゾートとワタルカ国立公園の往復、22km走破。今日までの積算距離:3,422km
<ツイートまとめ> オーストラリア縦断7,000キロ!シドニー~ダーウィン21日間ライブ(9日目)
 

★★宿泊予約サイトで使える2000円割引クーポン配布中!海外ホテル、日本国内ホテル・旅館にも使えます。★★
この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。