メルボルン・ポーリッシュ・フェスティバル ~東欧文化に触れるポーランド祭り

 
メルボルンとその近郊は、ポーランドからの移民一世が、オーストラリア国内で最も集中して暮らすエリアとなっています。2006年国勢調査では34.6%。そのため、ポーランドの伝統文化が最も色濃く残る、最大のコミュニティになっているのです!

このポーランド系の移民たちが一堂に介すのが、年に一回のお祭り「ポーリッシュ・フェスティバル@フェデレーション・スクエア」。毎年400人以上のポーランド人が集まって、祖国ポーランドに思いを馳せる大切なお祭りのひとつです。

南半球オーストラリアの地で育まれたポーランドの伝統文化と食を、誰でも気軽に味わうことができるお祭りをレポートします!

 

オーストラリアのポーランド移民

ヤラ川が流れる横にあるメルボルンの中心「フェデレーション・スクエア」

オーストラリアにおけるポーランド移民一世のほとんどは、戦争難民。第一次世界大戦、第二次世界大戦などで、迫害を受けたユダヤ系の人々も含まれます。元々は移民したくてしたわけではなく、どちらかといえば、命を守るために海を渡ったのです。

遠く離れた地で祖国の者同士が力を合わせ、自分達にとって暮らしやすい環境を創り上げていきました。ビクトリア州には、ポーランド人コミュニティをまとめる自治体があり、新たな移民達のサポートもしているそうです。

 

ポーランドの伝統文化と食を体験

中にプラム・ジャムが入ったポーランド風ドーナツ「ポンチキ」

ポーランドのビールを飲みながら談笑する人々ポーリッシュ・フェスティバルでは、民族衣装を身にまとった人々が、伝統料理に舌鼓を打ち、懐かしい祖国の話に花を咲かせています。そこで飛び交っているのは、英語ではなく、ポーランド語。オーストラリアにいながらにしてポーランドを気軽に体験できます。

お祭り会場は、メルボルンの中心「フェデレーション・スクエア」。舞台では、子供たちや大人のグループが、色鮮やかな民族衣装を身にまとい、伝統的な民族舞踊を披露してくれます。また、ヤラ川沿いには、ポーランドの伝統料理やお菓子、民芸品などのストール(屋台)がずらり!

餃子そっくりのポーランドの伝統料理「ピエロギ」ポーランド・ビールを飲みながら、餃子にそっくりの伝統料理「ピエロギ」を味わうのもおすすめ。日本では馴染みの薄い東欧の国が身近に感じられる、楽しいお祭りです。

開催は、毎年11月の第三日曜日(変更があるかもしれませんので事前に確認を)。この頃、メルボルンはちょうど春を迎え、公園の花々が一年で最も美しい季節。また、南半球最大の競馬の祭典『メルボルン・カップ・カーニバル』も、ちょうど開催中の時ですので、この時期に合わせてメルボルンの旅を計画するのもおすすめです。

ポーリッシュ・フェスティバル@フェデレーション・スクエア 公式サイト

【関連コラム】オーストラリアの春はメルボルンカップへ!

注意)記載の情報/データは2012年11月時点のものです。

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
 
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。