ウルルを眺めながら眠る!エアーズロック観光おすすめホテル2選

 
どこまでも続く荒野のアウトバックに、忽然と現れる“砂漠のオアシス”――
それが、ウルル – カタジュタ国立公園観光の拠点となる唯一の町・ユララ。ここにいると、自分が都会とは隔絶された砂漠地帯にいることを忘れてしまいそうなほど…

エアーズロック・リゾートと呼ばれるこの小さな町は、ホテルなどの宿泊施設のほか、銀行やスーパー、ショッピング・センターなど、一通りの生活アメニティが整っています。

宿泊施設は、バックパッカー向けの安宿タイプから5ツ星ホテルまで、計5つのホテル(うち1つはアパートメント・タイプ)とキャンプ場が整い、旅人のニーズに合わせたバラエティ豊かなラインナップ。その中から、おすすめの2つのホテルをご紹介します!

PR:ウルル(エアーズロック)で体験できる多彩なアクティビティ

 

快適性重視!優雅な5ツ星ホテルのセイルズ・イン・ザ・デザート

開放感たっぷりのセイルズ・イン・ザ・デザートのレセプション前ロビー
赤茶けた大地に真っ白な帆(セイル)が生える美しい外観と、なみなみと水をたたえたプール。天井が高く、開放感たっぷりのレセプション前のロビーには、ソファがたくさん置かれ、まさに砂漠の中のオアシスといったイメージそのもの。それが、リゾート内で最高クラスの5ツ星ホテル、『セイルズ・イン・ザ・デザート Sails in the Desert』です。

大きなクイーンサイズのベッド2台が入ったテラス・ルーム
ゲストルームは、ゆったり寛げる大きなクイーンサイズのベッドが中心。広々としたバスルームには、バスタブも完備され、日本人には嬉しい限り。大きなテラス付きの「テラス・ルーム」や開放感いっぱいのバスルームが自慢の「スイート・ルーム」もあります。

広々としたアウトドア・テラスで寛げるテラス・ルーム
中でも、ウルルが眺められるスイートは、ハネムーンのカップルに超おすすめ!ベッドに寝転びながら、サンセットやサンライズを愉しめます。(※ウルルが眺められるスイートを希望する場合は、オンライン予約はできませんので、直接ホテルに伝えて下さい)

ウルルが眺められるスイート・ルーム
各客室には、シャンプーやコンディショナー、ボディソープ、ドライヤーなどの標準的なアメニティグッズに加え、歯ブラシや日焼け止め、バスソルトなども備え付けられています。バスローブやスリッパも、クローゼットの中にあるので、部屋履きを忘れても大丈夫♪

アメニティグッズも充実!
また、暑い日が多いため、汗を掻くことも多いと思いますが、館内には無料ランドリーがあり、洗剤(無料)やアイロンも用意。ちょっとした気遣いが嬉しいホテルです。

 

安心の日本語デスク、極楽スパを完備

セイルズ・イン・ザ・デザートのレセプションには、日本語の案内があり、日本人スタッフもほぼ常駐。もし、その時にいなくても、一声かければ、呼んでもらえますので、英語がわからない人も安心です。また、リゾート内では、各ホテルの館内案内やウルル – カタジュタ国立公園について書かれた日本語パンフレットも用意。パンフレットは、リゾート内のどの宿泊施設を利用しても、もらえます。

ウルルが見えるテラスのあるゲストルーム
そして、セイルズ・イン・ザ・デザートには、リゾート内唯一のデイ・スパ「レッドオカー・スパ」があります。※「レッドオカー・スパ」については、別の記事で詳しくご紹介します。

AD: 海外旅行に必携!年会費無料海外旅行傷害保険付帯、しかも最大5000円分がもらえる最強カードは・・⇒

 

絶景ウルル!眺め優先なら、4ツ星半ホテルのデザート・ガーデンズ

ウルルが一望できるデラックス・ロック・ビュー・ルーム
ウルルに最も近く、その絶景を一望できる客室が一番多いのが、『Desert Gardens Hotelデザート・ガーデンズ・ホテル』 です。広々としたガーデンには、様々な植物が植えられ、豊かな緑に囲まれた気持ちのいいプールも自慢のひとつ。

豊かな緑に囲まれた気持ちのいいプール
ゲストルームは、上でご紹介したセイルズ・イン・ザ・デザートよりも、部屋の広さが若干狭めで、アメニティグッズの種類やインテリアなどもシンプル。ですが、素晴らしい眺めが愉しめる部屋が多いのです!

一日中眺めていても飽きないウルルの雄大な風景それが、「デラックス・ロック・ビュー・ルーム」。ベッドに寝そべった状態で、ウルルがすぐ目の前にどーんと見える部屋も!ベランダからの眺めは、まさに絶景です。

それ以外のお部屋でも、緑いっぱいのガーデンに面しているため、花や木々にやってくる鳥や虫など、自然を身近に感じながら滞在できます。鳥好きの人にもおすすめですよ!

どっちかおすすめかというと・・・

快適性を求めるなら、さすが5ツ星といったサービスの「セイルズ・イン・ザ・デザート」がおすすめですが、眺めが優先なら、ウルル・ビューが確保される「デザート・ガーデンズのデラックス・ロック・ビュー・ルーム」がおすすめ。どちらも甲乙つけがたいところです。

【各ホテルの詳細データ】
◆エアーズロック・リゾート Ayers Rock Resort (各ホテル共通)
<住所>Yulara Drive, Yulara NT 0872
<電話>1300 134 044(豪国内)

セイルズ・イン・ザ・デザート Sails in the Desert ☆日本語予約はこちらからどうぞ

デザート・ガーデンズ・ホテル Desert Gardens Hotel ☆日本語予約はこちらからどうぞ

エアーズロック・リゾートのホテル一覧(価格比較)で最安料金を見る!

エアーズロック・リゾートのホテルに泊まった宿泊者のクチコミを読む!

〔主な設備〕プール、ギャラリー・ショップ、レストラン&バー、エアコン、バス&トイレ、冷蔵庫、テレビ、ドライヤー、アイロン&アイロン台、セーフティーボックス、ティー&コーヒー付き。無料Wifi(取材時は、ロビー・エリアのみでしたが、客室内でも使えるようにする予定とのこと)。

【あわせて読みたい】

注意)記載のデータは2015年2月時点のものです。その後、変更になっている可能性もありますので、お出かけの際は公式サイトで確認を。尚、国際電話をかける場合、オーストラリアの国番号は+61です。
Special Thanks to: Ayers Rock Resort.

この記事を書いた人
Miki Hirano平野 美紀 icon-link icon-twitter icon-facebook icon-google-plus
人工物よりも自然に魅せられ、6年半暮らしたロンドンからオーストラリアへ移住。トラベル・ジャーナリストとして各種メディアへの執筆、ラジオ/テレビ出演などで情報を発信しながら、メディア・コーディネーターや旅行情報サイトの運営も。目下の関心事は野生動物とエコ。シドニー在住18年。
執筆依頼、取材代行、メディア・コーディネート等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。
  Digiprove sealCopyright protected by Digiprove © 2016
Wave Planning Pty Ltd.

Wave Planning Pty Ltd.

ウェーブ・プランニング:  1998年からオーストラリア情報を発信し続け、取材先件数は5,000ヶ所以上。オーストラリアに関する取材や撮影などのメディア・コーディネート、取材代行などをしています。本拠地はシドニー。 ★メディア・コーディネート、取材代行、執筆・撮影依頼等、承ります。こちらまでお気軽にお問い合わせください。